2006年08月

2006年08月31日

あるある

最近知り合いの女性に聞いた話だが、

彼女が高校生時、体育の時間(男女混合)に、

整列した状態で屈伸運動をしていた際、

かがんだ瞬間、マ○毛が両サイドからおもいっきり飛び出している
事に気付いたとさ。




真ん中が締めこまれた状態・・・・・・・

其れ即ち、ジャムおじさんの髪状態である。





小学校時代、半パンの横から、イナリが出てる事を

指摘され苦汁を舐めた人は多いと思うが、

これは更に強烈。






瞬時に対処策を練る為頭をフル回転させたという。

導き出した、その時打つべき最良の手立ては、

正面を向いたまま、平静を装い、屈伸を続けつつ、

手で押し込んでいくという策だった。

落ち着いて対処したかいもあり、一難は過ぎ去った・・・・・・

ように思われが、次の日事態は急変した。






いつも通り登校した、彼女に、ある男子生徒が言った。





「おはよう。マ○毛・・・・・・・・・・」




それからというもの、暫くは大変だったとか・・・・。




帰宅後、家の電話が鳴る。




ブルルルルルルルル


彼女「ハイもしもし」



謎「マ○毛。・・・・・・ガチャ・・・・プーップーップーッ。」





そんな試練を乗りえて、彼女は今は立派な子持ち社会人である。





そう言えば僕が小学校時代、


ある授業中どこ行ったかわからんくなった奴がいた。




授業も終わり、小便がしたかった僕は、

真っ先に教室を飛び出すと、

凄まじい光景を目の当たりにした。




廊下中に飛び散る下痢便。




傍らで蟹股で、しゃがんで泣き崩れている、行方不明少年。


短パンの隙間から全て、飛び散ったようだ。



休憩時間が故、直ぐに、教室からは、大勢の生徒が
出てくる。


皆、目の前の光景に騒然となった。






しかし今も思い馳せるに

「よくもまあ、あんなに沢山出たもんだと・・・・・・・」





僕は訳あって、通常コースとは違う中学に進んだが、

風の噂では、彼は中学にあがってからも、

その呪縛から解き放たれる事はなく、

暗い、中学生活を送ったという。




なんという、哀れな事よ。たった一度の失敗に、

青春を全て奪い取られてしまうなんて・・・・・・



合掌・・・・・・・・チーン。





boundary_2005 at 17:34|PermalinkComments(24)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年08月30日

プロレスごっこ

久しぶりに、ジャーマンの練習をする。


子供の頃プロレスごっこをした人は多いでしょうが、
僕らも例に漏れず、だった。


しかも、結構本格的だった。
ベルトも作ってたりしてwww
タッグ、シングル共に。


どんどん本格化していき
繰り出す技も、かなり、ヤバイものばかり・・・・・

ジャーマンなどは当たり前で、僕が得意としていたのは、





フィッシャーマンズスープレックス
ノーザンライトスープレックス




前者は小林邦明、後者は馳浩から奪い取った技である。




メンバー全員合わせれば、
スープレックス系はほとんどくりだしていた。

唯一、魔神風車固め(SSマシン)だけは
誰もできなかった。


危険過ぎて、ミスター高橋が、激怒したと言われる大技だ。



ダイナミックな空中技、

ムーンサルトプレス、フランケンシュタイナー、
ラ・ケブラータなどを使うモノもいた。


こんな事してたら危険な場面もちらほら・・・・・

バックドロップを喰らったモノが、
5分近く、意識不明になったときは流石に焦った。


自身におこった事としては、

櫛で頭を刺されて血が吹き出したり、
延髄切り喰らってブラックアウトしたこと。



後、パイプ椅子は結構簡単に壊れるwww
長テーブルもパイルドライバーで簡単に壊れるwww


しかも大して痛くないので、見せ場を作りたい時オススメ。



始めてベルトを手にした時の技は、


ジャパニーズレッグロールクラッチ。


IWGP戦で、藤波がベイダーを沈めた技である。




最近の技以外なら大体できますので、

かけ方など質問がある方はどしどし聞いてクダサイwww







boundary_2005 at 02:16|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年08月28日

メタルジグ釣行

28日。夕方前。
カミさん、犬を連れて某港へ釣行。



実は先日から2回程行ったカマス釣行にて、
「メタルジグは以外と色々釣れる」
という事実を知り、
何が釣れるかお楽しみ釣行がしたくなったというワケ。


やる前は、
「こんなトコに針(アシストフック)ついてるだけで
 ほんとに釣れるのか・・・・・・・・・」


と疑っていたが、ホントに口に刺さってるし・・・・・。



食ったのか、ただ突き刺さっただけかは知らないが。






で初めてメタルジグオンリーでの釣りは、
狙いのカマスはほとんど釣れることなく、
別の魚がそこそこ釣れてくれた。



ヒラメ

















釣れた魚は次の通り。

★ヒラメ ★サバフグ ★カサゴ ★カマス

で以前ちっちゃいメタジで釣った

★メバル ★クサフグ



全6種。これをいくつ増やせるかが課題。







まあ僕に青モノを釣る甲斐性はないので、
この手の魚が今後増えるでしょう。



途中、某釣り具屋で、デフレ系ジグを購入。
釣具屋のおやじに







「○○でよくエギングしてるよね」と言われる。凄く嫌な気分。








○○でエギングなんて根性のない僕には無理なんで、
勿論人違い。


「まるでサーファーが結果そっちのけで、
 ダイナミックさ、トリッキーさだけを他者、場合によっては異性に
 アピールするかの如き釣りなんて僕にはとてもとても・・・・・・


 ぜってぃームリだしそんなスキルもない・・・・・・・
 釣りで女にモテたいとは流石に思わない・・・・・」


などとブツブツ言いながら、
現場に到着。




見た目に反して非力な僕。
勿論軽い、タックルで挑戦。ジグも20gが限界か。




しばらく反応を見るも沈黙。


小魚が何かに捕食されている・・・・・・かもしれない・・・・
きっとそうだ。そういうことにしとこう・・・・・


という場面が訪れ、そこに投入するも何故か釣れない。




OFTのなんとかジグを外し、ジャクソンの何とかジグに変更。
ボトムから持ち上げ、剣道しゃくりをしたら・・・・・
なんかキタ。



20060828ベラ

















なんとかゆーベラゲット。7種目達成。


次はさっき入手した250円のジグを投入。
すると2投目で着底の瞬間反応。



20060828ハタ

















なんとかゆーハタゲット。8種目達成。

このジグに変えて反応が好転。
中層付近でもガツンときたが、のせられない。

程なくしてフリーフォール中に違和感があったので、
ベールを戻してみたら、なんか来てる。



けっこう手ごたえがある。まあドラグが出る程ではないが・・・・・。
しかし。目の前でフックアウト。平べったい魚に見えたが。

蚊が出てきた。
2種を追加できたので満足して帰宅。






ロッド/ufmウエダ CPS862EX-Ti
リール/ダイワ セルテート3000
ライン/バークレイ ファイアーライン18lb
リーダー/シーガー グランドマックス6号
ルアー/ジャクソン 不明ジグ21g
 不明    250円ジグ21g






2006年08月22日

デビュー

昔からのツレの弟がCDデビューしたとか・・・・・・・・・



ポートレー









名前はポートレーというとの事。




高校前で身長が130位しかなかったような気がしたが、
結構成長したようだ。
投げても、バクチュウとかして着地したもんだ。





HPがあり覗いてみると、弟はVoのよう。

視聴できるようなので、聞いてみると・・・・・・




結構ちゃんとしてるんだ。

でも・・・・・・・



なんかミスチルに似てないかwww
特に4曲目なんかww

がんばってもらいたいものである。




boundary_2005 at 09:32|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!音楽 

2006年08月19日

懐かし2

先日のアイスのネタの続き。


懐かしいアイスの事例で挙げられたのが、

棒状の細いアイス。細い棒にささっていて、
複数の種類があり、
透明の筒のようなケースに入っている。



何故か江崎グリコ製品だという確信があったので、調べると、
次のような商品を発見。


パティーナ

















パティーナなる製品。


一見して、話題のアイスの新化型であるのは想像がつく。


あの製品が「パティーナ」だったかは、
ちょっと思い出せないが、某氏曰く
「間違いない」との事。




僕が個人的に好きなブランドはセンタン


フェイバリットあもちろん、白くま





あと忘れてはいけないのが万人にこよなく愛され続けている、
エスキモーのピノ。これも外せない。


このアイス、ステーキ同様硬さで好みが分かれる。


僕がガチガチが好み。


三種類入りの大入り袋を買うと、何故か黄色い袋の
カフェオレ味?が最後まで残ってしまうwwww



まるで、昔の何種類も入ってる筒状のふりかけの、
「ごま塩」のように残された姿に哀愁が漂う。



先日も話したが、ピノは昔オレンジのパッケージで、
なおかつアタリつきだった。



残念ながら今回、アタリつきであった証拠は掴めなかったものの、
次のような画像が手に入った。


旧ピノ
















まあ、オレンジと言えばオレンジでしょwww


調べでは1988年までこのパッケージで、
それ以降、現在のモノに変更されたらしい。




ピノ30周年・カエラ















これは30周年記念の木村カエラモデル




懐かしアイス復刻ブームは訪れるのか・・・・・・・・








boundary_2005 at 10:55|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年08月17日

UNAGI

先日、Chem氏とウナギ釣行。

小学生以来のブランクがあったとは言え、
痛恨のBOUZU・・・・・・。



これではいかんと再び釣行。
Chem氏は松江周辺を一度調査されたようだが、
今ひとつという事なので、先日と同じ地元Pへ。


本日の同行者はChem氏、くじら氏、そして麒麟氏。


今回は一味違う。何がってエサが・・・・・・・
Chem氏、麒麟氏と早朝、予め用意した天然一級ドバミミズ。


あまりに沢山いて採り過ぎたwwww





台風前で結構風が強い。
我慢して釣るも最初の2時間はアタリがない・・・・・。
暗雲が立ち込める中、最初の異変は僕のロッドに・・・・・




しばらく放置していたので、エサ交換しようと、
巻き上げると・・・・・・・生体反応。



知らん間に釣れてましたwww小型ながら嬉しい今期初うなぎ。







程なくして、またも僕の竿に反応。今度はしっかりしめ込まれた。


上がってきたのはまたも先ほどと同寸のうなぎ。






皆に「スンマセンネ〜」と言っとくwwww






ここから、少々間が空き、
今度はChem氏のロッドが何者かの力により移動。


すかさず氏があわせると、ロッドが曲がった。
なかなかのファイトで上がったのは、良型。


氏も見事、この釣りにケリをつけられる獲物ゲット。







直後今度は深部へキャストしていたくじら氏の竿に反応。

ロッドが弧を描く。



上がったのは



くじらうなぎ































超良型ゲットおめでとうございます。


しかし、悲劇が・・・・・・・・・・・。




クーラーから飛び出したくじら氏のうなぎが、
麒麟氏、僕の、追撃をかわし、水の中へお帰りにwww



気を取り直して、Chem氏一匹追加。



しばらくアタリが遠のいた頃。。。
僕の竿に断続的なアタリが。




アタリが途切れた・・・・・このパターンでノッてた事が、
あまりなかったので期待せずに、聞いてみると・・・・・



しめ込まれたwww
なかなかいいひきwwwさっきの2匹よりはデカイ!


上がったのは



さなぎうなぎ































やったぜ。70cm!



しかし後は続かなかった。

終盤、今日ツキに見放された麒麟氏にアタリがあり、
のるも、上がったのはウグイ・・・・・・ジーザス。


合計6匹の釣果で納竿となった。



そして我々は「次なる快楽」を求め夜の街へと吸い込まれていった。








タックル

ロッド/PALMS flame FGS702
リール/DAIWA セルテート2500+オーシャンマークハンドル
ライン/バークレイ FIRE LINE 16LB
リーダー/DAIWA ナイロン3号
シンカー/6号
ハリス/DAIWA ナイロン3号
針/がまかつ チヌ3号
餌/ドバミミズ


タックル

ロッド/DAIWA HEARTLAND-X662MRS-S
リール/SHIMANO バイオマスターC3000
ライン/バークレイ FIRE LINE 16LB
リーダー/DAIWA ナイロン3号
シンカー/6号
ハリス/DAIWA ナイロン3号
針/がまかつ チヌ3号
餌/ドバミミズ



boundary_2005 at 07:32|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!エサ釣り 

2006年08月14日

懐かし

クロキュラー


















最近復刻された懐かしのアイスクロキュラー

ひとたび食えば、舌が真っ黒になるという非常に不健全なアイス。


外がストロベリー味で、中がオレンジ味・・・・・・・
色が全然違うしwww


こいつの復刻はありがたい。懐かしいお菓子の話題になった際、
必ず挙がるのがこのアイス。しかし知らない人が結構多い。



「そんなモノあるわけがない・・・・・・」



などとほざく握りギンタンマまで出る始末。

勿論こんな奴はケツ毛に絡んだくそ紙以下である。



そいつらにモノホンをつきつけてやりたい。
でもいざ突き出してみると、往々にして



「えっ・・・そんな事言ったっけ?これ知ってるよ」


てなことに・・・・・・・


そんな事言われた日にゃあ、
直ちに、コブラツイストの体勢に入り、
足を絡めた方とは逆のレッグに腕を絡め、
其れ即ち、ローリングクレイドルをお見舞いすることにより、
きゃつの三半規管を破壊してやるわ・・・・・・



クロキュラーの他にアカキュラーという、
色が逆のものもあった。






あとよく話題に挙がるのが、
宝石アイス





僕の記憶が確かなら、角の丸い四角いカップで、
全体的なバックは黒。
蓋に、何色か煌く宝石の写真が。

如何せん幼稚園児だったと思うので、記憶が微妙ですが・・・・
(間違ってたら、突っ込んでください)


お店のアイスの入れ物を開け、宝石アイスを見ると、
以上に興奮した記憶がwwww


今のアイスはほとんど、一つ100円が相場だが、
確か当時は相場が50円。
で一部ランクが上のものが100円だったと記憶する。


で、この宝石アイスは確か100円だった。
50円モノしか買ってもらえなかった僕。
そんな理由で、宝石アイス買ってもらえなかったワケだが、
何故か一度だけ食べた、記憶がある。


間違っても、親が買ってくれた筈はない。
誰かのお土産でくれた可能性が高い。



記憶としては宝石はゼリーで、金太郎飴状態。
下まで続いていたような・・・・・・・



本当に宝石が入っていると思っていたので、
若干がっかりした記憶があるwww



あと50円を切っていたのがあった。
それは今でも人気のホームランバーと、
知る人ぞ知るZOO(動物園)


これらは30円だった筈。


ZOOは黄色い袋に入っていて、
動物がバスか電車に乗って顔を出してる絵が描かれていた。
味は「バナナ味」www。


現代の「バナナ味」のアイスは概ね「バニラ気質」だが、
こいつは「氷気質」だったwww
まあ、この値段では無理もないか。



安いだけに、よく与えられたものだwww



しかもこのZOO。良心的な事にアタリ付だったwww




その他ではWアイスシリーズ

見た目、今あるWソーダの形ではあるが、
色々な味(ブドウ味他)があり、人気を博した。


確かそれらはシリーズ化し、様々なパターンが発売された。

例えば「スポーツ」


二本ある棒のつまみの部分に、予め絵が描いてある。
例えば「跳び箱」。


食べ続け棒が見えてくると、また絵が描いてある。
跳び箱が成功した絵か失敗した絵が出てくる。
それが三回続く。
失敗、失敗、成功という具合に。一度成功すれば一本アタリ。


よって最大三本当たる可能性があるわけwww


これはかなり狂ったように食べまくったものだwww
もちろん「伝説の3本当て」をかました事もある。



あと、今でも人気のピノは昔は、オレンジの箱で、
アタリ付だったというのも紛れもない事実だ。





全て幼稚園児前後の記憶なので、間違ってたら、教えてクダサイ。


(追記)
 早速宝石アイスの事実のご指摘を頂きましたwww
 ゼリーではなくカラフルな氷との事ですww
 そういえば、そうだった。。。。と思い出しました。
 ありがとうございます。
 そしてこのような画像の入手に成功しましたwww



宝石箱1


































宝石箱2







boundary_2005 at 04:02|PermalinkComments(24)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年08月10日

夏まっさかり

夏ならではの話。ちょっとコワイ話。



僕の以前住んでいた地域(中部地方の某半島の先の方)は
何かと不思議な話の多い地域だった。
怪談話(2話紹介済み、まだの方は心霊カテからどうぞ)は
勿論、事件的なものまで豊富。

突然、このような比較的平和な地域から移住したので、
そう感じただけかもしれませんが・・・・。



でも誰かが言っていました。実はその半島事体、
少々問題アリのようで、何でも、様々な理由で、
末期段階に陥ってしまった人間が、
最終的に流れて来やすい・・・・・・とか。


よく霊があつまり易い場所、そういう類を耳にしますが、
生きている人間でもそのような事があるのか?
末期段階、つまり、重病人、犯罪者、債務者等の事を指すのだろうか?




地名で上後藤、後藤など密着した地域が分けてあるのは、
よくある事。
僕の住んでた地域にもそれがあったのだが、
妙な違和感。


普通それらは、くっついている2つの地域を分けている事がほとんだが、
僕の住んでた地域の、それはくっついてなかった。


それらの間に、まったく関係ない地域が入ってる。

例えるなら、後藤、米原、上後藤のように。


それには理由があるらしく、その地域は元々は一つだったらしのだが、
恐ろしく、忌わしい力の強い地域で、物騒な出来事が後を絶たなかった。
ゆえに、間に地名を入れる事で地域を二つに分断し、
力を微弱化させようとしたらしい。


ちなみにそれらと関係あるかは知らないが、
二つの地域の片方には、あの源義朝が平治の乱で敗れ落ち延びたと
される地があり、結局、家来の義父に殺されるが、
「血の池」と呼ばれる、頼朝の首を洗ったとされる池も存在する。


ちなみに僕が住んでたのは・・・・
その分断された地域のど真ん中に入ったトコであるwww




そのような不思議な地域だけに、怪談も結構ある。
友人が海辺で遭遇した出来事にはちょっとびびった。


なんと真夜中に白装束の行列が百人。
全員が同方向を向き行進していたとか・・・・・・・


怖かったのが、その行列のど真ん中の1人だけ、
全身真っ赤な装束だったとか・・・・・・・








僕が一番怖かったのは、僕の住んでた地域の裏(半島なので)
には車で10分程で回れるのだが、港があり釣りをしていた。



やけにヨットが停まってて、横にはヨットスクールが。
近くでうろうろしてると、
ドアが開いておっさん登場。





んんん?どっかで見た顔・・・・・・・・・・・・
元気が出るテレビで見た・・・・・・・・











戸塚先生でした。














boundary_2005 at 03:22|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!雑記 | 心霊

2006年08月09日

うなぎを釣るにあたって・・・

季節柄か、最近各ブログでウナギ釣行が紹介されている。

僕も小学校時代は結構ウナギ釣りにはハマッた方で、

懐かしさも相成り、近々出動しようと計画中である。





あまりウナギ釣りを知らない人もいるかと思いますので、

軽く紹介しときます。



基本的には夜釣り。

昼でも、特殊な釣り方(棒の先に仕掛けを引っ掛け穴にインサート)

もありますが、あまりやってる人は見た事ありません。




★タックル

ハッキリ言ってなんでもいい。

ぶっこみなら見合うオモリが担げるならいいでしょう。




僕は安い投げ竿を使用します。これに6号ぐらいの中通しオモリをつけます。

サルカンなど介し、そこに針をつければよい。

針もそれなりの太さがあれば何でもいいでしょう。

チヌ針なら3号ぐらい。

シャンクが長い方がいいとされているようですが、あまり気になりません。



ハリスも適当。3、4号ぐらいでいいでしょう。

一度つれたら結構高確率で飲み込まれ、ぐるぐる巻きつきまして、

ハリスに変な粘りが付着します。

僕は一度飲み込まれたら外すの面倒なんで、ハリスを切断します。

であるからしてハリスと針は結んだモノを予め多めに用意しときます。



穂先にはケミホタルや鈴をつけておけばアタリが判りやすいでしょう。






アタリは鈍く出る事が多いです。






僕は飲み込ませる覚悟なんで、結構遅めにアワセます。

まあ特にアワセる必要もありませんが。。。。。

まあ鈍い魚だからとボーっとしてても、

同じ環境にはシーバス、巨大ナマズ、巨鯉など・・・・

大物も生息してる可能性は高いので、くれぐれも竿を持っていかれないように。

僕は過去2タックル程やられてます。



★エサ


結構雑食性なんで何でも食いますが、

一般的なのがミミズ。

ミミズも大まかにはシマミミズ(キジ)、ドバミミズとありますが、

今回使用したいのはドバミミズ。




僕は小学生の頃、親に怒られる程大量のミミズを

飼育しておりましたのでww少々ウルサイですよ。

シマ、ドバそれぞれ一長一短あります。




ドバのいいトコはやはりデカイのでアピール力が強く、

大物が狙える。雑魚に強い。

体内はマカロニ状態で、中は土です。

よって匂い的な集魚効果は若干弱い。

片方に若干色の違う部分がりますが、そこは急所ですので針はささないように。



シマはキジと呼ばれる通り、体液が黄色い(黄血)。

この集魚効果は高く、海の魚も釣れます。

ただ川では比較的小物狙いに適しています。

大物が食う前にフナなどが先に食ってしまいます。



青虫なども釣れますが、やはりミミズに比べると食いは落ちます。

魚の切り身もいいとされてますが、

一番はアユです。でも値段が高いのでどうでしょう・・・・・・

川えびなどもアリです。


かわりダネはヒル。めちゃめちゃ食いいいらしですが、

とるのも大変そうだし、何より使う気がしない。

青虫などは余ったら大目に塩をかけて冷蔵庫で保存すると、

かわりなく食ってきます。







★採取方法

ドバは住処によって使いにくいものがあります。

あまり土がよくない場所のモノは、

ハリがあり、細く、自切しまくり、狂ったように暴れる

これらに理由でよくありません。

石の下とかにいるのがこの手のやつが多い。




良いモノは短くて太い。

光にあてると、表面がうっすら虹色で艶やか。

よく湿ったいい土にいます。

けっこうポイントなのが、水の流れてない溝に土が溜まって

草が生えてしまったような所。

溝なんで、雨水など溜まりやすく、晴れの日でも湿り気が多い。

採取も簡単その草を軍手で次々にブッコ抜いて

そこ探ればばいいで、

一生懸命掘る必要もない。お試しあれ。


キジは、最近稀少とされてますが、結構います。

一番のポイントは、畑に積まれた藁。

その土との境目のあたりが激アツ。これもやはり湿り気が大事。

朽ちた畳の下なども居ますんで基本は藁です。





これらを参考にチャレンジして見て下さい。

boundary_2005 at 00:21|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!エサ釣り 

2006年08月06日

グルメ紀行〜蕎麦 

先日伺った蕎麦屋。

米子から車で走る事、40分。


01

















山間に突如現れる、最近流行りの古民家を改築した店舗。
150年前の古民家との事。


08

















お店の前はご覧の通りの山と田畑のみ。携帯は圏外

03小川















店の前に流れる小川の水は実に綺麗で冷たく
、思わず顔を洗いたくなる。





02

















入り口を潜ると、実にレトロな空間が広がる。


04

















05

















06

















07


















10




















しきりが全開にされた広間へ通される。







09

















11

















全開にされた庭から実に趣のある景色が広がる。
クーラーもないのになんと涼しいこと・・・・・・・

12

















25

















注文す。ここはご主人が1人で切り盛りされておる。
おろしバーソーと、定食、割ご一枚頼む。

14


















20

















蕎麦菓子をつまみながら、
「そういえば、昔、桜木ルイというAV女優が、
 金閣寺という作品出してたな・・・・・・」
と全く関係ないが、思いを廻らす。







15

















23

















しばしその風光明媚さに浸る。
日々激務?をこなす僕には必要な事なのである。


17

















全開なだけにこんな客も来る・・・・・・・・・

18

















ほどなくすると・・・・・・。

19

















ご飯は、酢飯を胡麻と胡瓜のみで和えたシンプルなモノ。
それに茄子のひたし。
素朴なようだが、深みがある。美味い。





21

















これが三立て蕎麦
「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」からこう呼ばれる。
十割だが喉越しがよい。

22

















そばを喰らう蝶々。振っても逃げないwww
カンベンしてくれ・・・・・・・


あっという間に完食し、蕎麦湯を呑んで、
一服。結構な時間滞在してしまった。


26

















22

















27



















米子周辺?(ちょっと遠いww)の蕎麦屋で、三軒目の★★★★★とする。

今回お邪魔したのは、





ときわすれ 清水屋さん


鳥取県日野郡日南町菅沢1019


一日限定20食。



★エロ四銃士の各ブログを見て、愕然とした・・・・・・・・
 「みんなぶっ壊れとるやんけ・・・・・それにひきかえ
  俺何やってんだ・・・・・・・普通の記事ばかり書いて、
  ぬるま湯に浸かり過ぎやんけ・・・・・・・」

  一念発起せないけん。


boundary_2005 at 02:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!グルメ