2006年09月

2006年09月30日

筆おろし

29日。夕。


先日、おろした岩鬼(大型ロックフィッシュ用ロッド)

を試すべく釣行。

先日、ちょこっと寄ったらカサゴが爆したポイントへ。





先ずはメタジを投入してみる。

というのも不意の回遊魚遭遇の際はメタジをぶち込みたい。。。

という思惑からのテスト。





21gをキャスト。余裕。MAX35gなので当然か。

どのような竿がメタジ向きなのかは知らないが、ついでにやる釣りだし、

そこまでのこだわりはない。全然問題ないので、これでよしとする。




次に3/8ozシンカーを装着したテキサスリグ。問題ない。

動きにめりはりが出て障害物回避能力がアップ。

あまり柔らかい竿だと引っ掛かった状態で、

「ビヨーン」とひっぱってしまい、引っ掛かりを深くしてしまう。

キビキビ動かしてみる。




ここで、アタリ。超ちっこいカサゴ。飛んできた。

初獲物はカサゴ12cm。流石鬼だ。。。。。。。




この辺りから考察するに、やはり20前半の魚にはオーバーパワーな竿である。

初夏は出番はなさそう。

そろそろ「あの魚」が欲しいと思っていると、

あの断続的な魚信。




ゴン・・・・・・・・・・ゴン・・・・・・・・・・ゴン



「いよいよ来たか。。。。。」


一気に引き込まれた。。。。。。。ドン。バツン。。。。。。







むむむう。4号が切れた。なんじゃ。リーダーが傷んでた?





気を取り直してキャスト。根の境目辺りで、

ぬっ・・・・・・ぬっ・・・・・・とゆっくり竿がしめこまれた。

電撃をかますと、ドン。のった。。。。。。。。







ゴリ巻きじゃーーーーーーーーい。。んんんんんんん。おお重い。

なかなか巻けん。なにやっとんじゃーい、、、、って

俺が体格とは裏腹に非力なだけです。竿はちゃんと仕事してくれました。

しかしそれもその筈。上がったのは、














20060929アカミズ


















鬼竿が連れてきた初ミズは32cm

まじですか〜。流石鬼。最初の魚で人を油断させたかwww






今回特筆すべきは、フッキングの瞬間。





フッキング(緊張)直後、体勢立て直し→リーリングの体勢に入る為
必然的に一瞬の緩み(緩和)が生じ、

その一瞬で、根に潜られた悔しい経験をした人は多い筈。

運良く潜られなくても、主導権を奪われ、

ボトムレンジを潜行されると、根擦れでアウト。



それを回避する為、巻き合わせなどしてみるも、

どうも貫通力に欠けるもの。



その一瞬の緩みを従来の竿より短く抑える事が出来そう。

よって

秋の尺ミズ狙い(メタジも投げる)、沖磯での大型狙い、冬のジャガタ狙い、

に活躍してくれそう。それ以外は押入れに入ってもらいます。







ロッド/がまかつ ラグゼ コーストライン岩鬼S72H-F
リール/ダイワ セルテート2500
ライン/バークレイファイアーライン 16lb
リーダー/シーガーエース 4号
ルアー/バグアンツ





2006年09月29日

28日。約束していたとしまるさんとの釣行。

風速は4m。ようやくまともな条件で釣りがさせてもらえそう。




道中ダチングを済ませ、ポイントを目指す。

走行中のBGMは少年隊で「デカメロン伝説」



「なんですぐイク女はもてはやされるのに、
 すぐイク男はダメ男なんだ。。。。。。。。」



と、考えつつも、
いい加減このパターンの文を書く際、
ネタを思いつくのに30分以上要している事実に嗚咽する。



到着。開始。
あーだこーだ、しゃべりながらキャストを繰り返すも、
序盤は2人ともミニサイズのみ。



大した反応はないものの、久々に風に影響されない釣りと、
風光明媚な景色にストレスは溜まらない。







着底後ゆっくり三段しゃくったその時。。。。。。ドスン


この手ごたえは、、、、、。


ゆっくり寄せ、としまるさんにリーダーを掴んで抜き上げてもらった。



アオリイカ20060928

















この時期にしてはナイスな620gゲット。





しかし後が続かず、としまるさんタイムアップ。





残った僕は更にしゃくり続ける。
すると事態は好転。手のひらサイズではあるが、
入れ食い状態
先ほどのサイズは出ないものの、時折なかなかのサイズも混じる。




小さいサイズはリリースしたにも関わらず、
持って来たクーラーは満タン



一体何杯釣ったのかは判らないが、
秋アオリを十二分に満喫できる釣行となった。






ロッド/ダイワ STX-EG79L-HD
リール/ダイワ セルテート2004フィネスカスタム
ライン/ユニチカ エギング0,6号
リーダー/呉羽 シーガーグランドマックス1,7号(ノーネームノット)
エギ/ヤマシタ エギ王Q3号  
   洋釣   アオリーQ3号





あと


先日、ふなだまりと。さんが釣った紅イカを激写。





ふなだまりすと紅イカ


















ヒットルアーはアンダー2という凄くちっちゃいエギ。






boundary_2005 at 01:03|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!エギ 

2006年09月27日

強制病院送り?

アオリイカ初心者の小生としては、




「この秋はアオリイカ狙いを中心に釣行し、勉強しよう。。。。。。」




と決心してはみたものの、

ここにきて尺アカミズの情報を耳にする事が増えており、

昔から決意の弱い僕は、

気付けば2タックル抱えて釣行しています。





書いてはいませんが、ここんとこちょこちょこ釣らせてもらってます。

勿論「尺ミズ」は釣ってませんが・・・・・・。






で昨日も急いで仕事を片付け尺ミズを求め、夕まづめ勝負。






しかし。。。。。。。。キャストしてリトリーブを始めた瞬間。

異音発生

頭の悪い僕は、リールを叩いたり、竿を振り回してみたりするが、

一向に異音は消えない。




よく目を凝らしてみると。。。。。。。

トップガイドのリング?(糸が通ってる輪の部分)が無い。




ヤフオクで安価で仕入れて、

今やメインロッドとなったHEARTLAND-X662MRS-Sが、

このアカミズ上昇気配の最中、最低2週間の入院宣告

受けてしまいました。





かくなる上は購入以来、

麒麟さんとの夢の島へ40アップのアカミズを狙いに行く際、

あるいは、冬の巨ジャガタ狙いまで、封印させておこうと思っていた、

ウエポンを押入れから引きずり出してきました。



岩鬼

















注文してから到着するまで気付かなかったが、

こんなとこから抜けやがる。

感度を重視した事であろうが、室内に持ち込むのは。。。。。


不便

















身の周りには、ここまで厳ついスペックの根魚ロッドを使った人は
皆無なので意見も聞いた事はない。一体どうなる。



2006年09月23日

マルチ釣行

22日早朝。以前より予定をたてていた、としまるさんとの

釣行の為、出発。


今回の狙いは、アオリイカとアカミズ。





僕は最近アオリイカに完全にシフトしてしまっていたが、

ここに来て、アカミズが型、数ともに上昇傾向にあるということで、

見過ごすわけにもいかない状況になっている模様。




そんな状況に精通しておられるChemさんが出られるという事で、

合流を申し出る。



僕ははアカミズを釣る際基本的にテキサスリグを使用しているが、

この日に関しては、レンジを意識した釣りを実験したくて、

ジグヘッドリグとプラグを用いてみる事にした。





まだ薄暗い中、実釣トスタート。

事前に知っていたが風速は8m。ちょっときつい。しかし、

目の前ではライズ発生。サゴシもボラの如くジャンプしまくり。

そんな状況も無視し我々の最初の狙いは勿論アカミズ。





しかしそんな我々の出鼻を挫くショッキングな事実が。

一投目に入れたシンキング系プラグが明らかにボトムより、

上のレンジで何かに引っ掛かった。

強引に煽ると若干動く。そんな状況が全員に発生。




どうやら真下から辺り一面、網が張り巡らせてあるようだ。

今日の僕ははレンジを意識したセレクト、

それ即ち、全て針剥き出し系。それしか持っていない。

ボトムより上で掛けたい釣りだが、勿論、最初はボトムをとりたい。

Chemさんはテキサスを用いておられるようだが、

それでも根掛かり多発。しかし氏はこの状況の最中、

針の穴に糸を通すかの如く、良型のアカミズをヒットさせ始めた。

流石、魔術師。




一方僕は、消極的な釣りをしてしまう。

明らかにレンジが高すぎて、あっというまにサゴシの餌食に。

これじゃルアーがいくらあってもたりない。




しばし呆然としていると、視界に一隻の船が。

漁師出現。網の回収作業を始めた。

皆で、手を止め

「あれ俺のワームだ。。。デカイアカミズが入ってる。。。。」

などと話ながら眺める。




漁師は網を引き上げ帰って行ったが、

この状況で釣れるのか・・・・・・・という思いは直ぐに払拭された。

全く影響なく魚信が伝わる。



なんじゃ・・・・・・こりゃってぐらい、

アカミズがボコボコ釣れる。しかも明らかに良型ばかり。

これはヤバイ。

途中くじら君も登場す。



しかしそんな甘い時間がずっと続くわけはなく。

時合いは終了した。しかし非常に満足の行く内容。

願わくば、網が入ってなければ。。。、漁師がもっと早く現れてくれたら。。。

などと考えてしまった。



Chemさん、くじら君が帰られ、我々も

次なるターゲットであるアオリイカを求めポイント移動。

依然、強風は止まないので風裏を求める。



到着後、暫く振るも、反応は悪い。

チビすら姿w見せない。

半ば諦めつつ喋りながらキャストしていると、

超シャロースポットを攻めていた、

としまるさんのドラグが唸った。。。。。。。。




ジェット噴射をかましながら、良型登場。

糸をつかんでギリギリ抜ける型である。



一気に我々はヒートアップしたが、その後、

同ポイントでの反応は得られなかった。





我々はこのポイントに蹴りをつけ、更に移動をする。

横から強烈に吹き付ける風の中エギを投入する。

断続的にしゃくりを入れていると。。。。。。スカッ。。。





エギがない。。。。。。。。どうやらサゴシが回ってきたよう。

シーバスロッドとメタジも持ち込んでいたとしまるさんが、

すかさず投入すると、直ぐにヒット。

しかもワンキャスト、ワンヒット状態。

しかもここのサゴシはやけにひくとのこと。




それを目の当たりにしてたら、やってみたい衝動にかられ、

車にもどり、バスロッド、プラグを引っ張り出してくる。

二軍のミノーを装着しキャスト。

僕はサゴシを釣ったコトがないので、

とりあえず高速リトリーブ&トゥイッチを入れるとヒット。

しかし直ぐに、軽くなった。やっぱり3号フロロではスッパリ切られた。




そんなこんなでモタモタしていたら、

サゴシはいなくなってしまった。そうなったら、

再びエギングをすればいいのだが、如何せん風が。。。。。



喉の渇きも相成って、終了となった。







(アカミズタックル)


ロッド/PALMS flame FGS702
リール/DAIWA セルテート2500+オーシャンマークハンドル
ライン/バークレイ FIRE LINE 16LB
リーダー/シーガーエース3号(ノーネームノット)
     +シーガーエース3号(電車結び)
ルアー/エコギア パラマックス3in



(アオリイカタックル)


ロッド/ダイワ STX-EG79L-HD
リール/ダイワ セルテート2004フィネスカスタム
ライン/ユニチカ エギング0,6号
リーダー/呉羽 シーガーエース1,5号(ノーネームノット)
エギ/ヤマシタ エギ王Q3号





2006年09月19日

運気下降?

本日。仕事は休みだが、8時過ぎには目覚め、

外を覗くといい天気。



ちょっくら行ってみるか・・・・・。

早々に準備をして出発。道中少々雨に降られたが、
通り雨だったようで、直ぐに晴れ間が覗いた。


ダチングの寄り道。



おっと、今日のレジは女性。通称ダッチワイフ
高校生推奨の唐揚げおにぎりと茶を購入し、
食らいながら、走行。





道中のBGMは

ゴーバンズで「会いに来てI NEED YOU






それを聞きながら、ふと助手席に放置された、
最近流行りの燃費軽減グッズのチラシを目にし、


「たった2980円で、驚きの燃費20%削減って・・・・・・・・・
 ガソリン高騰云々以前に、
 そんなもんあったら、どこの車メーカーも標準装備するわ、
 
 あ〜もう、ガンコむかつく。。。。」


と憤怒す。




到着し、早速キャスト開始。
最近なかなかいい思いをしている地点へキャスト。



しかしいきなり根掛かり・・・・・・・。ロストワールド。



ドゥユーアンダスタン?







気をとりなおして、同じ方角にキャスト。


しかしまたも同じとこで根掛かり・・・・・・。ロースト。


メキシカンロック!ゴウゴウゴウゴウ。






怒り。キテマス。キマクリヤガッテます。





冷静に考えると、こんなトコに根掛かるもんはなかった筈。


チッ。腕無し沿岸漁師の仕業か。。。。。。






クッソー、この時期、沿岸中層域にこっそり網を沈めておくと、

エギがいっぱい引っ掛かって、それをヤフオクで売ると、

魚売るより儲かることに気付きやがったか。チキショウめ。




俺がいつかやろうかと思ってたビジネスなのに・・・・・・。





ちったあ頭よくなりやがったか。。。。。




「そんなにセコく儲けて息子を大学行かせても、息子は合コンのコトしか

 頭にないんだがな・・・・・。
 
 あんたの人生って一体なんなんだろうな。」



 
と一人呟いてその場を跡に。




次のポイントへ、到着。


先行していた親子のお父さんのが何かと格闘中。




覗いてみると、小さいが紅イカと格闘中。

どうしてあげることもできないので、

手拍子でもしてあげようかと思ったがやめておく。




海を覗くと、変な生物発見。

蝙蝠傘?だんだん近づいてきた・・・・・・・・・。


ギャアアアアアアアアアアアア。


これは先日K氏が釣り上げて話題になった、





ムラサキダコ。。。。。。。これは不気味スギル。




不穏な空気が漂う。







キャスト開始。いきなり根掛かり。デストロオオオオオオイ。




実に本日三つ目のエギロスト。






気を取り直し、キャスト。コロッケヒット。


でもどうしても、さっき引っ掛かったラインが気になってキャスト。





ゴン。根掛かり。




今日はスバラシイ。こんな短時間でエギが

次々と無くなるなんて。



海に向かってスタンディングマスターべ・・・・・じゃなくて、
スタンディングオベイションを奉げ。


帰宅。






boundary_2005 at 20:40|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!エギ 

2006年09月15日

晴れてる・・・

昨日早く寝たおかげで、朝6時半頃目覚めるた。

外を覗くと、晴れてる。

ずっと雨の筈だったのに。早速半島に出発。



だらだらと買い食いなどしてたら、8時前になっちゃった。

ポイントに到着。誰もいない。スタート。



開始早々手の平サイズのアオリが入れ食い。

意気揚々とキャストし続けていると・・・・・・・。



おーバックラッシュ。僕はあまりバックラッシュを
しないのが、自慢だったのに・・・・・・。
しかも巻いてまだ二釣行目。



かなり長さを失った。神よ・・・・・・・。
ああ巻いて二釣行目なのに何故に下糸見えてるの?
そうだ90メートル巻きだった。。。。。。



下地は見え隠れするものの、気にせず続行。


「もう少し大きいサイズ釣れてオクレ。。。。」


と念じた、その時。。。。。。シャクリ中に、ドン





ジジジジジジーーーーーーーーフッ・・・・・・・・。




あ〜またやってしまった。春の呪い。。。。。。









しかし。。。。。。。呆然としながらもそのまましゃくり続けると、
数秒後・・・・・・・・・ドン・・。





「股キターーーーーーーーーーーーーー」




同じイカかは知らないが、
神は僕を見捨ててはいなかった。










20060915アオリイカ


















後は手の平サイズを楽しんで、帰宅となった。



ロッド/ダイワ STX-EG79L-HD
リール/ダイワ セルテート2004フィネスカスタム
ライン/ユニチカ エギング0,5号
リーダー/呉羽 シーガーエース1,5号
エギ/ヤマシタ エギ王Q2,5号




boundary_2005 at 16:50|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!エギ 

2006年09月10日

逮捕される?

としまるさんとも話した内容だが、

なんでも、先日、有名漫画家が、

車内に折り畳み式のアーミーナイフを所持していた事により、

銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されたとか。



車のライトを点灯させずに走行していた為職務質問をされ、

発覚した模様。



思った。



これで逮捕されてしまうのか。。。。いやだ〜。




ナイフの話は後にして、先ずライト。




ライトをつけずに走行していたら、

捕まるというのは聞いたコトがあったが、それってホントかい?

それを聞いたとき、

「走行中にライトが切れて、パトカーにでっくわしたら、

 どうなるんだ・・・・・」


と思った。



警察「走行中なら仕方ないですな〜」



と許してくれるかは知らない。が、
それで許されるなら、皆そう言うだろうし。



ではどうやって未然に防げばいいんだ・・・・・。




電球が切れる時期を予め予想し、新しいものと交換する習慣をつける。




そんな奴はいない。



そもそもランプの寿命なんか、アタリハズレあるし。
やけに長持ちする時もあれば

「この前変えたばっかりやんけ〜」

ってこともしばしば。




ではなるべくランプの反射に注意し、正常か判断する。

走行中はそれだけに気を配るようにする。




ふ〜ムリ。前の車との反射を利用したくなるな〜。
前の車との距離が狭くなることによる追突事故はおろか、
目の前だけ見すぎてて人はねそう。
そもそも後ろのライトはわからん。



対策が思いつかない。



まあ百歩譲って逮捕されないにしても、
注意はされてしまうんだ・・・・・・。


という事は・・・・、
どんな理由であれ注意もされたくない現代の若者には耳のイタイ話。
これを読んでる若人よ。

早急に対策を考えないと、注意されてしまうよ。

プライドに傷つくよ〜。





次にナイフ。




漫画家は、ナイフを知人に譲る為に所持していたとか。

記事を読み進んでみると、

直ぐに使用できる状態は駄目。何らかの入れ物に入ってなければ

ならない
。とのコト。



ああ。俺の、魚を〆る為のナイフはクーラーに入ってるから、
大丈夫だな〜。


でも走行中、なんかの弾みで、クーラーの蓋があいて、
中のナイフが転げ出て、丁度その時おまわりさんに会ったらどうしよう。




そもそもギャフはどうなんだ。

ギャフもナイフと同等、いやそれ以上の殺傷力があるではないか。

ギャフなんかいちいちケースに入れるわけないし。



釣りに行くにも、逮捕と隣併せなのか。。。。。。。



そうだ。モリなんかどうなるんだ、、、、、、。

海水浴に行くついでに魚を射そうと思ったら、

其れは人生の大勝負なのか〜。




てゆーか。包丁買って帰る時どうするんだ。

人生賭けて包丁持って帰らないけん。

奥さんたちは、大変だ。包丁がないと、家族が飢え死にするし。

包丁持ってたら逮捕されるし。

まあ、ホームセンターで買えば、

箱に入ったやつもあるかもしれんが、

匠が一本一本作った一振りしか使う気がしない、

凄いこだわりのある人なら注意が必要。



匠は包丁にしか興味がないからね。
ケースなんかいちいち用意してないかもしれん。

研ぎ師に出した時も、厳重に何かにくるんで移動しなけりゃならん。



全神経を使ってでも逮捕を間逃れたいけんね。




ああ。そう言えば最近の警察は、検挙率をあげる為なら、
イベント会場の近くで張り込むなど、手段を選ばんらしいし。



そのうちホームセンターの近くは、

検挙率をあげたい警察官が乗ったパトカーで溢れかえるんじゃ。。。

だって、そこで張ってりゃ、

包丁持った奥さんや、のこぎり持ったお父さんが、

鴨ネギ状態だろうけん。

一斉に検挙できるわけだから、怠慢には持ってこいだし。

本当に、銃や刀を持った犯人は、

ちょっとムリって感じだろうから。



ああ。逮捕コワイ。

boundary_2005 at 12:16|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年09月08日

さなぎが斬る〜リール編〜

聞いてくれよ〜〜。カノジョってばさ〜〜〜。

最近休みは釣りばっかり行ってる俺に〜

すっげ〜、つめてーの。

今にも三下り半つきつけてきそうでさ〜。。。。。。





でもこれがあれば安心だ〜いッ!・・・・・・・って











コラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


バカリール
















2006年09月06日

電話

家の電話の話なのだが、やたら間違い電話が多い。

推測するに、どうも以前、何処かの会社が使用していた番号らしく

かけ手は往々にして、同じ会社名?を口にする。




イモな番号を掴んでしまったもんであるが、

今更変更するのも何かと億劫。



間違い電話も多いのだが、悪戯電話も多い。

基本的には「無言」だが、稀に

「ザザザ・・・ザザ・・・・・ザザザ」

ラジオ放送のchが合ってない時、のような音がする事がある。





これは何なんだ・・・・・・・。

まさか霊界からの電話・・・・・・・・・。

不思議と深夜にしか、かかってこない。




悪戯電話受け歴の長い僕がよく使う手で「放置プレイ」という技がある。

その名の通り、受話器を置いたまま放置する。

かけ手も、応答しない相手にわざわざ電話代払ってまで、

粘りたくないだろうという考えから生まれたワザ。






コレ、結構効くんだが、何故か「深夜のザザザザパターン」

には通用しない。


30分近く放置したコトもあるんだが、まだ繋がっていた。







で僕が夜釣り等に出てる時、家にはカミさんと犬しかいないわけだが、

たまに電話が鳴るとか。

当然寝ておるわけで、気味悪いので、出ないらしい。




暫くして、電話がやむ・・・・・と、すかさず起きて、

かけ手の番号が判るテレホンサービスに電話するらしい。
(そんなのがあるらしい。僕も聞くまで知らなかった)




それを過去三回ぐらいやったらしいが、

全て同じ番号だったとか・・・・・・・・。

調べによると、隣の市の番号らしい。




ちなみに隣の市は僕が基本的に夜釣りをしている場所である。

よってカミさんは僕が水難事故にあったのでは?と思い、

夜釣りの最中何度か電話してきたことがる。




僕は悪戯電話受け体質??なのか、

一番酷かったのは、大学生時代。こっちから、転居したての頃。

実家には留守電などなかった(未だに留守電は設定しない)ので、

その時始めて、留守電を使用したワケだが、




留守電にすると、こんなに悪戯電話が入るんだ。。。。。

と、素で思い込んででしまった。



サークルなど、集まりで遅くなり帰ってみると、

大体、30件くらい。





帰宅時、点滅するランプと、件数を目の当たりにし、

「えーーーーーーーっ」などと言って、面食らっていると、

その間にもまた鳴る。




実際体感した人じゃないとわからんと思いますが、

そんな瞬間、鳴ったらマジ、ゾクっとします。

あの一定の電子音が妙にコワイ。







基本は無言電話。恐らくは全て同じかけ手だろう。


深夜も続くので、基本的には電話線を抜いて寝る。




しかし、猛攻は一向にやむ気配を見せない。






ある日、帰宅してみると、床に白い物体が・・・・・・・・・。












悪戯FAXである。




当時はロールの紙で、二日で30メートル巻きを二本やられた。



キリがないんで、暫くFAXは使わないことにした。






勿論何モノかは判らず、一ヶ月程で、攻撃は終わった。

ほとんど無言であったが、たった2回だけ、肉声を聞いた。

・・・・・・・・男だった






一度目は深夜。遊び疲れて帰ったせいか、電話線を抜き忘れて、

寝てしまった。例にもれず電話が鳴る。

「どうせ無言だな・・・・・・」などと思いながら、

電話に出る。




「でなけりゃいいじゃん?」ってお思いでしょう?

大学生ですのでwww突然あのこから電話が・・・・・。

なんて、フザケタ妄想がありますんで出ないワケにいかないのです。

携帯もまだ出始めでしたし。。。。。

今でこそ、そんな若者見て

「風俗行け」などと意見するが、

僕も夢見がち大学生だったんで、悪しからず。





で、電話出ましたら、

いつも直ぐに切れるのい切れない。

どうしたことだと、切らずにいると・・・・・・・・





「ああああおおおおおあああああああああああ(かすれ声)」


とゾンビのように一唸りして、切れた。結構ビビッたwww







次は、これもまた深夜。

同じアパートの住人とマージャンに励んでいると、

電話。連中には既に話していたので、

「キタ、キタwwww」

などと話つつ、出ると。





「お前は、もう死んでいる・・・・・・・ガチャ・・・・・」




って、ケンシロウか。





boundary_2005 at 06:04|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!雑記 

2006年09月04日

更に

晩から半島に根魚を探りに行く予定だったのに、
カミさんがマッサージに行ったきり帰ってこない。
やっと帰ってきたのが、17時前。


今から半島行ってもあっという間に、
蚊が登場する時間になるので断念。



またも朝のポイントへ。
何か直ぐに暗くなってきやがった。


また朝のおっさん?っぽい人のみ。



朝より、波っ気がある。
この手の魚は海上がどういう状態がベストなのか、
知らないので、まあやってみる。


朝の魚に足元の根でズリズリされたので、
一回り長い竿でスタート。


表層にメタジが出た瞬間、しぶきを上げてヒット。


おや?二匹ついてるじゃねーか。
と思ったら、手前で一匹フックアウトした模様。
一瞬、いい写真が撮れると思ったのに・・・・・・・。
追尾してきただけではなかったと思うんだが。。。。。



20060904


















あっという間に暗くなって、終了。
次はもっと早く来てみることにす。


ロッド/ufmウエダ CPS962EX-Ti
リール/ダイワ セルテート3000
ライン/バークレイ ファイアーライン18lb
リーダー/シーガー グランドマックス6号
ルアー/250円ジグ 21g