2007年04月

2007年04月30日

ヤリまくりRockFish掘措綣圓六兇譟.汽ラの花と共に〜

29日。

しがない散髪屋さん主催で行われた、

ヤリまくりRockFish掘措綣圓六兇譟.汽ラの花と共に〜に参戦。



参加者13名により激しい戦いが繰り広げられた。

今回のルールはメバル二尾の総寸。

参戦決定が前日の28日。

メバル戦線から離脱しかけた小生には少々荷が重いかと感じたが、

52(28,24僉砲砲同仁匹2位入賞を果たすことができた。

以下が今回持ち込まれた魚。



20070429ヤリまくり

















二尾の尺メバルを含む、良型が多数持ち込まれたが、

良型を捕った方々が軒並み1尾のみの釣果だった為、

ルールに助けられ運よく私が2位を頂戴することができた。


1位は超絶ポイントでファイト一発をキメたゼン君

結果は59(31,28僂世辰燭?忘れた・・・)。





検量後はいもっちさん特性の豚汁と、

超絶包丁捌きから生み出される「メバルの造り」が振舞われ、

楽しい一時を過ごすことができた。

参加者の皆様、主催者様ありがとうございました。

次回の開催を楽しみにしています。



20070429ヤリまくり2

















★一部の参加選手は都合によりご帰宅されましたので、
 全ての選手が含まれているわけではありません。
 私も撮影の為含まれておりません。




boundary_2005 at 03:38|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!メバル 

2007年04月28日

調査は続く

27日の15時。ディープエリアに歩を進める。

北東のややキツめの風が吹く中、

しばしさぐるも反応はなし。

ガシラ狙いで新製品まうすりんを投入するも反応なし。



20分程移動。

岩礁帯は少ないものの藻場が隣接したエリアへ。

しもりを重点的に攻める。



夕マヅメに差し掛かり、若干ラインに変化がでるも根掛かり。

エギをロストし引き上げてみるとリーダーが激しく損傷。

おそらくウミヘビ。

リーダーを組み、仕切り直し。



着低後、高めの2段しゃくりを入れた後テンションフォールを入れると

ラインが微妙に走る。アワセをいれると・・・・・・。


20070427アオリ

















650g。


間もなく日没につき帰宅。





潮汐・若潮
エギ・エギ王Q3,5(オレホロ)







boundary_2005 at 10:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!エギ 

2007年04月25日

あたたかくなってきました。

24日。代休をとり、朝10から行ってきました。

先ずダチングで朝飯、昼食を調達。




先ずはポイント「あやや」で空振り。

時間はたっぷりあるので更に西へ。

某地磯に降り、ディープエリアを攻める。

気付けば15時。



20070424コウイカ















釣れたのはこの人だけ・・・・・。ぱぷーーーーーーん

癒してもらおうと再びポイント「あやや」へ。



フォール中にラインが一瞬停止。そして再び沈下。

「ドスン・・・・・・・・・・・・・」

もらったぜ。



巨大ウミヘビ。



★危険すぎて撮影不可能につき画像はありません。

帰宅。





潮/小潮
エギ/MD3,5号(オレ金)

●下の記事、何故かコメントできなくなりました。
コメントくださった方々申し訳ありません。







boundary_2005 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エギ 

2007年04月23日

アオリ調査

20日。今期初となるアオリ釣行。

「本格化」まではもうちょいと言われてはいるものの、

軽い気持ちで車を走らせる。



事前調査では

「妙にコロッケサイズ強が釣れている」

との事。コロッケサイズってこの時期に釣れるか?

エギング歴一年に満たない小生には判らないが・・・・・・。




先ずは僕の好きなポイント「八つ墓村」へ。

しかし、遠めに眺めても最低2人以上の先行者を確認。

仕方なくその場でタックルセットだけ行い、

次なるポイントはポイント「ホワイトキャット」。



先行者はいないものの、海底の状況が違う。

それが「吉」なのか「凶」なのか小生には判断しかねるが、

大きな墨跡もなく、モチベーション維持不能。



あと各ポイントに赤潮が発生している。

赤潮は魚介類に悪影響を及ぼすと言われているが、

実際は影響はないらしい。

とは言え、なんか汚らしいし、

なんと言ってもせっかく風光明媚なポイントに

あのジャンボ汁チックなカラーは

精神衛生上よろしくない。移動。




ポイント「あやや」。先行者なし。

正面からかなりの強風を受けているもののかろうじて釣り可能。

開始後間もなく、ボトムステイ後に若干の手ごたえ。


20070420アオリ















あっさり上がったのは「コロッケ」よりはましだが

せいぜい「ホットケーキ」サイズ。

いきなり顔射され、車にティシューをとりに行くハメに。

イカに群がる小バエは高活性。




次はフォール中にラインに反応が出た。

さっきよりは好感触ではあるのの、ドラグを引き出すまでは至らない。



20070420アオリ2













上がったのは先ほどよりややましの胴寸25僉

とは言え春イカには程遠い。

しばし粘るも反応は遠のき、更に風も風鳴りする程までまし、

納竿とする。




潮汐/中潮
ロッド/SWG LC86wr
リール/イグジスト2506
ライン/アバニエギングミルキー0,8号
リーダー/シーガーフォース2号
エギ/アオリーQNEO3,5寸



boundary_2005 at 16:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!エギ 

2007年04月21日

ちょい遠征

19日の話。

夕方からスカパーにて釣り番組鑑賞。

鬼才は60cmのグレを釣っても巻き舌で文句を言っていた。

深夜0時過ぎ。近県の河川を目指し出発。



無事到着。様々なルアーを携帯し歩を進める。

黙々とキャストをしていると常連のN江さんという方に話をかけられ、

並んで釣ることに。



程なくし、ヒット。流れの力も手伝って、

なかなかに楽しませてくれる。

N江さんにタモを入れてもらい無事にとりこみ成功。


20070419シーバス01

















71,2の素晴らしい魚体の一尾だった。

ほどなくし麒麟さん登場。ポイントをN江さんに明け渡し、

我々は対岸へ。



少々離れてでキャストを始める。

ストラクチャー付近は浅いようで直ぐに根掛かり。

買ったばかりのブルスコのフックが両方のびてしまった。

ストラクチャーを若干外し流れにのせると・・・・・



20070419シーバス02

















またも72cm。
背びれの同じ部分がキレてるがもしや同じ魚か・・・・・。


程なくし暗闇から何者かが出現。

「うふふふふふ・・・・・・・」

御大の登場だ。


しかしその後反応を得る事はできず。

工場のおじさんに

「車どかしてくれ・・・・・・・。」

と言われ、すごすご引き上げる。





潮汐/中潮
ロッド/CPS86-EXti
リール/セルテート2500Rカスタム
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーグランドマックス5号
ルアー/レイジー95S、ショアラインシャイナーSL14F-G







boundary_2005 at 20:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!シーバス 

2007年04月19日

近場

14日。深夜3時に近場へ。

バチを意識したルアーをちょろちょろ引くも、

突如爆風に見舞われ、立っておるのも困難な状況に。

あっという間に移動を余儀なくされる。



どこか遊べる場所はないものかと、

10分程車を走らせ、ついたポイントへ降り立ってみると、

風がまったくない。釣れるかどうかは不明。

でも選択の余地もなさそうなので。



しかしキモイ。この場所。

後ろが気になってしょうがない。。。。。。

ぴろぴろ引いてくると「コン」とあたる。


シーバス不明1

















あっさりあがったのは40冂。

ショートバイトが多く、なかなかのらない。

セイゴが中心か。ルアーを小さくすると。。。

シーバス20070413

















同寸ばかりなんぼか釣れる。


ウグイ20070413

















この人も登場。

夜明けと同時に雨が降り始め撤収。


潮汐/中潮
ロッド/SPS86-SSti
リール/セルテート2500Rカスタム
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーエース4号
ルアー/レイジー95S、ヤルキスティック(夢色気分)






boundary_2005 at 08:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!シーバス 

2007年04月14日

バチ

12日の話。深夜3時。

近場のポイントへ車を走らせる。シーバス狙い。



現地到着。電灯に照らされた水面をみると、バチが発生しているようだ。
細身のルアーを4,5本ケースに入れポイントへ踏み入る。



様々なルアーを試すも反応が得られず、

最後に手にしたのはまだ使用したことないkoというシンキングルアー。



流れからやや外れたポイントへ投入すること3投目。

着水からリールを1回ししたとろで水柱があがった。

結構手ごたえはあるものの、

その原因はフックが口とエラ付近にかかっていたため。



20070412シーバス

















60兮らず。エラに損傷はなく元気にお帰りいただいた。
バチはいたのだが、はたしてそれを食ってたのかは私は知らない。
多分高級ルアーを使ったから釣れたのだろう。
2000円もするんだから釣れてくれんと困るってもんだ。


潮汐/長潮
ロッド/SPS86-ssti
リール/セルテート2500
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーエース4号
ルアー/ko130S





boundary_2005 at 01:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!シーバス 

2007年04月13日

最近の釣果

ここ一週間はもっぱら、夕まづめ釣行。

18時45分頃スタートといったところ。


日付は忘れた。この日も18時半頃スタート。

「瞬間時合い」を狙う。


メバル不明1

















3バイト中なんとか2つ拾う。27を頭に二匹。
19時15分帰路につく。
往復1時間かかります。実釣45分程なので、
移動時間の方が長い。これが効率がいいのかは
自分にはわかりません。



ロッド/GRF-TR-83DEEP
リール/ツインパワーMG2500S
ライン/ファイヤーラインクリスタル4lb
リーダー/シーガーフォース1,5号
ヒットルアー/シラスヘッド1,8g+
      ビームフィッシュ1,8in




そして次の日。この日は仕事が押して、
大急ぎで到着したのが18時45分。


慌てて準備していると。。。。。。ワーム忘れた。。


しばしうなだれるも、トランクを漁ると、
かろうじてじゃこまろ発見。クリアーに黒の点カラー。
このカラーはあまり使ったことないのだが。。。


3バイト得るも1尾のみのゲットとなる。



メバル不明2

















ジャスト28僉19時15分にひとまずきり上げ、
休憩。トランクを漁ると予備のワームがでてきた。
仕事もない事だし更に歩を進めることに。


次のポイントではシャローゾーンで25までを2尾ゲット。




メバル不明3
















前のポイントで釣った28を顔見知りのおじさんにあげたら
えらく喜んでた。しかし・・・・・・。
メバロック用の写真撮るの忘れた・・・・・・・。


しばらく粘るも波高がきつくなり21時過ぎ終了。




ロッド/GRF-TR-83DEEP
リール/ツインパワーMG2500S
ライン/ファイヤーラインクリスタル4lb
リーダー/シーガーフォース1,5号
ヒットルアー/シラスヘッド1,8g+
      じゃこまろ2in
      ビームスティック2,2in




boundary_2005 at 01:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!メバル 

2007年04月03日

また行きました。

1日。夕まづめを目指して出発。
走行中麒麟さんから連絡があり合流することに。



先に現地に乗り込み待機。

餌釣り師に良型のアジがかかり始めたので、

7gのメタジを投入してみる。

フルキャストするとラインが結び目付近まで出てしまう。



様々なアクションを試みるもメタジでは反応は得られず、
メバル用ワームを投入するとようやくヒット。
ヒットレンジはボトム。


そうこうしているうちに麒麟さん到着。

しかし数分で潮止まりだったので、コンビニで休憩。





二回戦。ポイントへ戻る。先ほどより若干波気が出て少し釣り辛い。
そんな状況の中あれこれ試し、ようやく本命のアタリを得るも、
痛恨のフックアウト。引きからして22,3冂か。


気を取り直してキャストを続けると、
直ぐに反応。重量感のある手ごたえ。
下に重々しく突っ込むので、少々期待するも上がったのは


20070401セイゴ

















元気のないこの方。リリース。
この後は反応得られず。



ここでポイント移動。
ミノーゲームに走る。これが吉と出たのか序盤から反応あり。





しかし・・・・・。一瞬の油断が命取りに・・・・・。
獲物はドラグを鳴らし、
お気に入りカラーのブルースコードを咥えたまま、
根に・・・・・・。





災難は続く。ショックを隠しきれずリーダーを結束していたため、
リーダーの一端を握った状態でボビンが穴の奥深くへ。
勿論たぐっても奥でボビンがコロコロ回るだけ。
しかも石に擦れながら・・・・・・・。
諦める。一回分とって切断。


直後麒麟さんにナイスサイズがヒットするも、
直ぐに反応は途絶えた。

少し場を休め、再度攻めると、
ようやく24僉しかしまたも直ぐに反応は途絶えた。



移動。
潮どまりまでわずかな時間しか残ってなかったが最後の勝負。
しかしここでも反応はない。



少し離れた麒麟さんのところへ戻ると、
良型をゲットされてるではないか。
この人はこういう具合に黙ってる事が多い。
人がビックリする反応が見たいだろうか?


麒麟さんのメバルを見学していると
更にドラグを引き出す獲物が麒麟さんに。。。。。。
期待は高まったがあがったのはまたもシー。


数少ないチャンスをモノにできなかった釣行となってしまった。
1時30分帰路につく。


20070401釣果

















潮汐/大潮
ロッド/GRF-TR-83DEEP
リール/ツインパワーMG2500S
ライン/ファイヤーラインクリスタル4lb
リーダー/シーガーフォース1,5号
ヒットルアー/シラスヘッド1,8g+
      ビームスティック2,2in
      レイジー




boundary_2005 at 02:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!メバル 

2007年04月02日

ちょい遠征

30日の話。晩までにさっさと仕事を片付け出動。

このポイントは暗くなってからが勝負との話なので、

日が沈むのを待つ。



18時半過ぎキャストを開始する。

早速アタリ。ビリビリとした引きを見せ上がったのはアジ。

結構サイズがいいのでまあよしとする。





アジのアタリが続く。半分は取り込み段階でポロリ。

気のせいかもしれんがどうもアジがいる時はあまりメバルが出ない。





この日は結構時間があったので飯休憩を入れ更に粘ることに。

近場の食堂に飛び込む。

あまり期待せずにラーメンを頼んだが、

なかなかどうしてイケるではないか。




釣り場に戻り再開。

アジは去ったようだがメバルの反応は得られず。

タイムリミット15分前に波動系のワームにチェンジし、

ようやくメバルを拝む事が出来た。

25僂鯑に立て続けに二匹キャッチ。21時半帰路につく。




20070330

















潮汐/中潮
ロッド/GRF-TR-83DEEP
リール/ツインパワーMG2500S
ライン/ファイヤーラインクリスタル4lb
リーダー/シーガーフォース1,5号
ルアー/シラスヘッド1,8g+
    ビームスティック2,2in
    ビームフィッシュ1,8in
    






boundary_2005 at 05:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!メバル