2006年05月10日

さなぎが斬るSP〜警察編〜

9日。朝4時。仕事は休みであるが故、
まづめシーバスを狙おうと、出発・・・・・・・しようとした。





んんんんん??なんじゃああああああああああああ・・・・・・・





俺の車の真後ろに見知らぬ車が。。。。。
トランクも開けられない程密着して停めてやがる。

しかも、その後ろにももう一台。



こみ上げる怒り。俺の休みを奪うとは断じて許せん。
うちのアパートの何処かで、宴会してるに違いない。
とりあえず、クラクションを10秒鳴らし続ける。

いかんいかん、関係ない民間人を巻き添えにするのは、
これじゃこいつらと同じではないか。。。。と直ぐ止める。


とりあえず、ボンネットに乗ってみる。

ヒンズースクワットなどして、揺さぶってみる。しかしどうも気がすまない。
釣りに逝けない。まづめが迫っている。





しかたない。ポリスに電話だ・・・・・・・役に立つかは知らんが。
110番。別の番号(0859-33-0110)を教えられ、かけ直す。


警察(以降K)「どうされました?」

俺「車の後ろに塞がれて、仕事逝けないんですよ、何とかしてください」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜一通り状況説明〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

K「ナンバーと車種と、色を教えてクダサイ」

それらを伝えると、程なくして電話が・・・・・・

K「連絡がつきませんね〜」

俺「は?電話したんですか?ここのアパートに来てるのに、
  電話に出る訳ないじゃないですか・・・」

K「と言われましても我々にはそれぐらいしかできないもんでね」

俺「こっちは仕事行けないんですよ。住居不法侵入じゃないですか?」

K「管理人さんに、連絡してみてクダサイ」

俺「こんな朝早く、不動産屋がやってる訳ないでしょ」

K「うーん」

俺「来てクダサイよ」

K「う〜ん」

俺「なんで、来てもらえないんですか?」

K「うーん・・・・・」

俺「レッカー移動してください」

K「我々がお金を出してレッカー移動するんですか?」

俺「金って何?レッカー移動なんて、都会じゃあたり前でしょーが」

K「鳥取はレッカー移動やらんのですよね〜」

俺「じゃーどーしたらいんですか?」

K「うーん・・・・・」(やたら唸る)


〜〜〜〜少々妥協〜〜〜〜〜〜〜

俺「じゃあもういいんで、再発しないように電話か通達してください」

K「それはできません(キッパリ)」

俺「は?何で?」

K「そういうことはね〜やってないんですよ。
  ご自分で貼り紙などされてはどうですか?」
  それでダメならもう一度連絡クダサイ」

俺「は?なんで僕がそんな事しないといけんのですか?」
  それで二次的に喧嘩等に発展したら余計お宅ら迷惑でしょ?
  それとも障害事件でも起きない限り動かんのですか?
  流血でもしたら来ますか?」

K「そういう訳じゃないですけど」

俺「・・・・・・・お宅、何て名前?」

K「マツシマです(以降「松」)

〜〜〜〜少々妥協〜〜〜〜〜〜〜

俺「じゃあ、そいつらの電話番号教えてクダサイ」

松「それはできません」

俺「は?」

松「陸運局で聞いてください。ただし有料ですけど

俺「じゃあどうすりゃいいんだ。大家が聞けば教えてくれますか?」

松「まあ同様に有料ですがね」

俺「じゃあ、こいつら野放しですか、泣き寝入りするしか
  ないんですか?」

松「そんな大げさな・・・・・・」


俺「こいつらが、これから毎日ここに来るようなら、
  僕はもう仕事に逝けないんですか?」

松「そんなこと言われてもな〜う〜ん」
  貼り紙してもらえませんかね〜」

俺「僕がそんなことしても、たちの悪い奴なら逆効果でしょ。」

松「誰が貼ったかわからないじゃないですか?」

俺「出れない車の主が貼ったってバカでもわかるわ」

松「そんなこといわれましてもね〜」

俺「そもそもなんで来てくれないんですか?」
  例えば車に死体が入ってても来ないんですか?」

松「そんなの見えるんですか?」

俺「例えばって言ってるでしょ。」



例えが通じない人なのでコレはすぐ止める



俺「お宅らが、注意してくれたら、普通同じ事はせんでしょ?
  電話一本で済むじゃないですか?」

松「普通警察はそんな事はしないもんでね」

俺「何で?こういう事ってよくあるんじゃないんですか?」

松「う〜ん」(ほとんど唸るだけになってきた)

松「自動車屋名義なんですよ」(突如情報を漏らす)

俺「レンタカーですか?」

松「いや」

俺「自動車工場ですか?」

松「そんなもんです、電話しても出ないんですよ」

俺「こんな朝っぱらにやってる訳ないでしょ。
  昼にかけてくださいよ。」

松「電話すればいいんですか?」

俺「そうですよ」

松「わかりました」



どうせ電話してねーだろーが・・・・・・・・


最初、松ではなく「飼い犬松」にしていたが、
犬に申し訳ないのでやめた。



程なくして、その車の持ち主登場。

注意したら、やけに平謝りなので、直ぐに許す。

といいますか、マツシマに腹が立って、こいつはどうでもいい。





お気づきですか?このパターン。
正に最近のトレンドですよね?




女性殺人事件でよくある黄金パターンですよね?

とっくに警察に相談していたのにパターン



正にコレでしょ。僕のもそう。

これに育つ可能を秘めた事例ですよ。

コレで張り紙して、持ち主がイカレチンピラで、サクッと刺されてみ。




もうこんなの警察の責任でしょ?

相手が普通の常識人だと仮定してますよね。

そっちで注意すれば止めますから、ぐらいの勢い。



こんなことしてる時点で、非常識でしょ?



こっちが過剰に防衛すれば警察に捕まるだろうし、
そうしなければ犯人にやられる。



死んだ人たちはどっちに転んでも、人生は終わりだったわけだ。
不条理にも程がある。


事件を未然に防ぐ < カップ麺、スポーツニュース。


殺人犯=・・・・・・・・・・


キーボード叩く気もでん。




(あとがき)
しかし電話の裏のTVは実に賑やかでした〜
宿直ってほんと楽しいんだろうな〜。修学旅行みたいで。

はっと気付いたら、もうスズメがちゅんちゅん鳴いてました(涙)


(注)これは民事なので、恐らく誰が呼んでも来ません。
  管理人が一方的にキレているだけです。




boundary_2005 at 06:57│clip!さなぎが斬るシリーズ