2006年09月23日

マルチ釣行

22日早朝。以前より予定をたてていた、としまるさんとの

釣行の為、出発。


今回の狙いは、アオリイカとアカミズ。





僕は最近アオリイカに完全にシフトしてしまっていたが、

ここに来て、アカミズが型、数ともに上昇傾向にあるということで、

見過ごすわけにもいかない状況になっている模様。




そんな状況に精通しておられるChemさんが出られるという事で、

合流を申し出る。



僕ははアカミズを釣る際基本的にテキサスリグを使用しているが、

この日に関しては、レンジを意識した釣りを実験したくて、

ジグヘッドリグとプラグを用いてみる事にした。





まだ薄暗い中、実釣トスタート。

事前に知っていたが風速は8m。ちょっときつい。しかし、

目の前ではライズ発生。サゴシもボラの如くジャンプしまくり。

そんな状況も無視し我々の最初の狙いは勿論アカミズ。





しかしそんな我々の出鼻を挫くショッキングな事実が。

一投目に入れたシンキング系プラグが明らかにボトムより、

上のレンジで何かに引っ掛かった。

強引に煽ると若干動く。そんな状況が全員に発生。




どうやら真下から辺り一面、網が張り巡らせてあるようだ。

今日の僕ははレンジを意識したセレクト、

それ即ち、全て針剥き出し系。それしか持っていない。

ボトムより上で掛けたい釣りだが、勿論、最初はボトムをとりたい。

Chemさんはテキサスを用いておられるようだが、

それでも根掛かり多発。しかし氏はこの状況の最中、

針の穴に糸を通すかの如く、良型のアカミズをヒットさせ始めた。

流石、魔術師。




一方僕は、消極的な釣りをしてしまう。

明らかにレンジが高すぎて、あっというまにサゴシの餌食に。

これじゃルアーがいくらあってもたりない。




しばし呆然としていると、視界に一隻の船が。

漁師出現。網の回収作業を始めた。

皆で、手を止め

「あれ俺のワームだ。。。デカイアカミズが入ってる。。。。」

などと話ながら眺める。




漁師は網を引き上げ帰って行ったが、

この状況で釣れるのか・・・・・・・という思いは直ぐに払拭された。

全く影響なく魚信が伝わる。



なんじゃ・・・・・・こりゃってぐらい、

アカミズがボコボコ釣れる。しかも明らかに良型ばかり。

これはヤバイ。

途中くじら君も登場す。



しかしそんな甘い時間がずっと続くわけはなく。

時合いは終了した。しかし非常に満足の行く内容。

願わくば、網が入ってなければ。。。、漁師がもっと早く現れてくれたら。。。

などと考えてしまった。



Chemさん、くじら君が帰られ、我々も

次なるターゲットであるアオリイカを求めポイント移動。

依然、強風は止まないので風裏を求める。



到着後、暫く振るも、反応は悪い。

チビすら姿w見せない。

半ば諦めつつ喋りながらキャストしていると、

超シャロースポットを攻めていた、

としまるさんのドラグが唸った。。。。。。。。




ジェット噴射をかましながら、良型登場。

糸をつかんでギリギリ抜ける型である。



一気に我々はヒートアップしたが、その後、

同ポイントでの反応は得られなかった。





我々はこのポイントに蹴りをつけ、更に移動をする。

横から強烈に吹き付ける風の中エギを投入する。

断続的にしゃくりを入れていると。。。。。。スカッ。。。





エギがない。。。。。。。。どうやらサゴシが回ってきたよう。

シーバスロッドとメタジも持ち込んでいたとしまるさんが、

すかさず投入すると、直ぐにヒット。

しかもワンキャスト、ワンヒット状態。

しかもここのサゴシはやけにひくとのこと。




それを目の当たりにしてたら、やってみたい衝動にかられ、

車にもどり、バスロッド、プラグを引っ張り出してくる。

二軍のミノーを装着しキャスト。

僕はサゴシを釣ったコトがないので、

とりあえず高速リトリーブ&トゥイッチを入れるとヒット。

しかし直ぐに、軽くなった。やっぱり3号フロロではスッパリ切られた。




そんなこんなでモタモタしていたら、

サゴシはいなくなってしまった。そうなったら、

再びエギングをすればいいのだが、如何せん風が。。。。。



喉の渇きも相成って、終了となった。







(アカミズタックル)


ロッド/PALMS flame FGS702
リール/DAIWA セルテート2500+オーシャンマークハンドル
ライン/バークレイ FIRE LINE 16LB
リーダー/シーガーエース3号(ノーネームノット)
     +シーガーエース3号(電車結び)
ルアー/エコギア パラマックス3in



(アオリイカタックル)


ロッド/ダイワ STX-EG79L-HD
リール/ダイワ セルテート2004フィネスカスタム
ライン/ユニチカ エギング0,6号
リーダー/呉羽 シーガーエース1,5号(ノーネームノット)
エギ/ヤマシタ エギ王Q3号





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くじら   2006年09月23日 17:16
乙でした。
まずは爆釣おめでとうございます。
初日もひどいもんでメタジ、オフセットフック全て捨ててきました。
あれはエゲツナイです。
2. Posted by ミスター   2006年09月23日 17:59
青物の五目釣りが出来るとは、ホントいい所に住んでいらっしゃるんですね、羨ましいっす。
しかし、ルアーロストが多すぎるのが難点ですね。
そんな近いところに網を入れるなんて酷いですわ、ルアーがいくらあっても足りない気がします…。
3. Posted by SANAGI   2006年09月23日 18:57
<くじらくん

おつでした。
爆って程でもないんですが、
二人に貰った魚を合わせて、
おいしくいただきました。
僕も超爆を味わいたい。

<ミスター

あの漁師も我々に凝視されて決して目を合わせようとしませんでした。若干うしろめたく感じてるんでしょうか。まあしょうがないですが、
せめてルアー返して。。。。。。
4. Posted by としまる   2006年09月23日 19:58
さなぎさん、Chem.さん、くじらさんお疲れさまでした。
あの網(漁師?)は酷かったですね。
サゴシ結構引いたように感じましたが考えてみたら僕はあんまりシーバス釣りをしたこと無いのであんなモノだったのかも?
あっそういえばせっかくセルだったのにハンドル2個付けやるの忘れてましたね(爆)(爆)(爆)。
またやりましょう。えっいやハンドルでなくて釣りを・・・。
5. Posted by ひろぼー   2006年09月23日 20:36
お疲れっす。
本日は漁師にヤラレタって感じですね…

>アカミズがボコボコ釣れる…
瀬戸内では想像つかないっす(驚&羨)

6. Posted by Chem.   2006年09月23日 21:12
お疲れでした。
あのトラップにしてやられましたね。週末の状況をみると、平日朝釣りがいいですね。
7. Posted by コジコジ   2006年09月23日 22:03
今日そにーにょさんとサゴシ行ってきました!!僕も、そにーにょさんもサゴシ釣れましたがどこも、サゴシが回っているんですかね??
8. Posted by さなぎ   2006年09月23日 22:44
<としまるさん

大量のサゴシ料理はどうでした?
網がなかったらどうなるんでしょうww
考えただけで・・・・・。
また逝きましょう。

<ひろぼーさん

船から釣れるようなサイズは出ないものの、
ホント素晴らしい魚ですわ。
引きも強いです。


<Chemさん

週末は精神的ダメージを負いそうですな。
近々また逝きましょう。

<コウジ

サゴシな。
なんとかしてくれ。。。。
エギがなくなってしょうがない。





9. Posted by としまる   2006年09月23日 23:14
>大量のサゴシ料理はどうでした?
全部で7匹いたんで3匹祖母宅へ無理やり嫁がせましたわ。
残りは弁当のおかず用に切り身に塩して冷凍になりました。

近々本気アオリ(BIG-ONE狙い?)釣行を平日に企画中です。また逝きましょう。

10. Posted by ともとも   2006年09月24日 11:48
先日自分もやらせそうに・・。
サゴシー対策で
エギにワイヤーを・・・。(笑)
11. Posted by ノンタ   2006年09月25日 12:47
強風での釣りお疲れさまです。しかし、いろんな釣りが出来てうらやましいですね〜♪
ロストワールドはツラいですが…
今度のサゴシゲーム頑張って下さい。
12. Posted by いもっち   2006年09月25日 14:34
漁師め〜、ヘボ漁師め〜、他の海域に行ってまえと、僕なら直ぐに発狂しそうです。よく皆さん耐えましたね〜。
13. Posted by さなぎ   2006年09月25日 21:50
<ともともさん

ワイヤーって使ったことないです。ルアーの動きに影響はあるんでしょうか。でもサゴシならあまり関係ないですかね。

<ノンタさん

エギが亡くなるコト山の如し。。。。。
サゴシ、漁師、敵が多すぎる。

<いもっちさん

火炎瓶なら余裕で届く距離です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔