2008年02月23日

頼まれても・・・。

21日の話。

去年のメバルシーズンに親戚に少しお裾分けしてあげたら

どうやら味を占めたようで

昨年末ぐらいから

「メバルはまだか・・・・・メバルもってこい・・・・」

と、しつこいほどに要求してくることにしびれを切らし

初釣行を決意する。




この親戚実に大所帯で、前回口にすることもできなかった者もいたようで

今回は「30匹」も要求してきやがった・・・・・。



しかし次期尚早な感は否めず、



「藻場か?流れか?」のポイント選択から難航。



中途半端な次期だが

藻場は数は見込めないし、まだ抱卵個体もいてキープするのはしのびない。

そんなこんなで「流れ」に向かうことに。




しかし小生一人でこの数は到底厳しいし

丁度、「春メバル」を視野に入れた新型オリジナルルアー

「SANAGI IN THE DARK(仮名)」

の試作品が完成したいたので

島根県在住の専属テスターゼン君を召集。




目指ざすポイントは非常にぬるいポイント。

以前よく通ったがここ最近めっきりご無沙汰の

通称「黄昏ブルーライト」。

ここの先端部は水深もあり右に左にとせわしなく流れがかわり

複雑な潮流を形成している。

この時期ここにメバルがついてベイトを待っているケースが

あるからだ。



早速「SITD(オリジナルアーの略)」を

ゼン君に押し付け、

並んでプシュプシュと放り込み続けると





20080221メバル


















2時間程でミッション達成。信じられない。型も揃った。

「俺って天才・・・・・・・」

と思ったのも束の間。

結局、何を投げても釣れることが判明www

しかし3時間経つころには群れは去ったようで

静かな海に戻ったのだった。




運の要素が高いポイントだがラッキーな結果が得られた。

親戚の分が必要なので



「頂戴?」



とも言わずにゼン君の魚も奪い取り帰路についた。



★ちなみに今日も少し行ってみたら

 「なんだったの?」

 ってくらい無反応。ぱぷ〜ん。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




さて、24日(日)は東京競馬場にて第25回フェブラリーステークス(GI)

が開催される。

女王ダイワスカーレットの回避は残念だが面子は揃った。



ヴァーミリアン号

















「砂」で向かうところ敵なし状態のヴァーミリアン。

今回もあっさり差し切ってしまうのだろうか・・・・・。



◎ワイルドワンダー
距離、コース適正、展開、全ての面で有利と判断。

○フィールドルージュ
ここにきて本格化。頭まであるか?

▲ブルーコンコルド
得意の距離に戻り再度見直し。
前走のマイル戦ではワイルドワンダーをねじ伏せている。

△ヴァーミリアン
強さ認めるも「一頓挫後」「距離疑問」「武の腰異変?」
と不安が三つ揃えば妙味的に下げざるをえない。
まああっさり勝つことも充分考えられるが諦めはつく。

×ロングプライド
前走ヘボ騎手で出遅れ、大外回して四着に食い込むあたり
良化の気配を感じる。鞍上も魅力。

×メイショウトウコン
いい馬だけど、速い流れ疑問。
一息入る方は持ち味出すタイプ。押さえまで。


購入馬券は未定。



boundary_2005 at 01:14│Comments(2)TrackBack(0)clip!メバル 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by フジカス   2008年03月12日 19:14
久しぶりに覗きました。

が、アコウの時より凄まじいですね・・・。

それより、人間の集中力も凄い・・・。

びっくらこきました。
2. Posted by さなぎ   2008年03月18日 02:18
<フジカスさん

ほんとにただただ「釣堀状態」になっただけですw
僕の「集中力のなさ」は他の追随を許しませんよw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔