2008年05月05日

消えた赤潮

4日の話。

親戚の叔父が遠方の仕事先から帰ってきてるということで

魚の調達を依頼される。




先日の烏賊が冷蔵庫の中にあるが

烏賊だけではアレなんで「魚」を求めて釣行することに。




狙いはメバル。

早速根魚にとり憑かれ・・・じゃなかった

魅せられた男に連絡。




さ「大丈夫なんだろうな?」

根「大丈夫です」




この場合の「大丈夫」というのは釣果ではなく

道中高いとこがあるかないか、ということ。

小生極度の高所恐怖症であるのです。



しかしこの男の「大丈夫」は話半分で聞いておかないと

大変なことになるのは過去の経験から重々承知www

歩くこと20分。

「生まれたての仔馬」の如く膝をわなつかせばがら到着。

心配された赤潮の心配ななさそうだ。




080504meba1















明るいうちから反応は上々。

25弱中心に20後半がぽつぽつ混じる感じ。


080504meba2
















根魚男のいる50m程右手の方に見えるストラクチャー辺りが気になるも

身軽な根魚男にしか侵入不能なポイント。

仕方なく小生の立つイマイチな感のあるポイントで続けるも

そこは魚影の濃さにまかなってもらう。




メインベイトは「アミ」。

このアミ。メバルに捕食され胃袋に入ると

釣りエサのジャンボのような色に変色しますが

もともとは透明な色です。

もともとオレンジっぽい色だと思っている人がいるようですが大きな間違いです。



数時間経過し

僕の入ったポイントはアタリが遠いたので

根魚男に連絡。

釣れ続いているということだが、

食うに十分な量は確保できたし、彼のいる場所には小生、

体型の問題で進入不能。

よって納竿。




「すぐに調理できる状態にしといて・・・・」

と頼まれていたので帰宅後に掃除。



080504meba3
















根魚男も同じぐらいの釣果で

隠岐の親戚に送るとのことだ。



boundary_2005 at 19:37│Comments(3)TrackBack(0)clip!メバル 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミスター   2008年05月05日 20:10
烏賊もメバルも自由自在に、必要な時に、必要な分だけ、、釣られるその腕前!さすがです!
ロッドワークがかなり気になりますわ〜!
ヒミツのアクション!テクニック?是非とも公開イタダキタイww
2. Posted by ゼン   2008年05月07日 18:29
御疲れ様でした!
今度は沖磯行きましょうか!
3. Posted by さなぎ   2008年05月10日 16:06
★ミスター

そんなことは加藤鷹に聞いてください。

★ゼンさん

だな。
大方の予想はついてるからなwww

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔