シーバス

2008年11月14日

毛虫

ショアラインシャイナーとブルースコードとレンジバイブのみ

小型ケースに放りこんで出かけてみたのが12日の話。

今日の相棒は毎日股の下のポニョをいじっている

20才のおしゃれ番長。

koogty
















釣れたぜ。技術など皆無。

何も考えずにポーンと投げてグリグリ巻いたら釣れた。

ポイント移動。

次のポイントはおしゃれ番長推奨の通称「キャトルミューティレーション」。

なぜさような名前かというと

キャトルミューティレーションが行われそうな雰囲気だからだ。

かと言って牛がいるわけではない。




このポイントはだだっ広いエリアで

自分こういうポイントではテンションが保てないので

直ぐに帰宅宣言。

帰りしな、プエルトリコの吸血鬼「チュパカブラス」の話題に

花が咲く。



「チュパカブラスなんて僕のGO 2 SLEEPで一撃ですわ・・・」

とおしゃれ番長。




なか卯で親子丼を食って帰る。




boundary_2005 at 04:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年11月12日

断られること山の如し・・・。

いい歳にもかかわらず、

未だ医療保険に加入してないわけでして・・・・。



数年前、よくわからん病気で二週間程の入院を余儀なくなれたとき

結構な請求を喰らい

「これはタマラン・・・」

ということで、退院するやいなや即座に申し込んだわけですが

その病気が原因なのか審査で断られたわけです。



それから数年経過し

ちょっとした付き合いで保険に加入することになったのが先日の話。

医療保険並びにガン保険。

申し込んで程なくするとガン保険の審査は

通過したようで申し込み完了。しかし医療保険はまたもアウト。

返す刀で、他の保険会社に申し込むもまたもアウト。これで三社目。

小生を嫌いな人は沢山いるのは重々承知してはいるが

よもや全国規模で四面楚歌が進行しているとは・・・。



先日も愛犬をつれて帰宅した際、

近所の子供が車のドアの前に立ちはだかり

窓越しに双眼鏡でコチラを見ている。

窓を介しているとは言え、双眼鏡で見てくるなんて・・・。

なんという仕打ち。これぞまさに四面楚歌。

まあ確かにウチのマンションの住人、並びにその子供が心底嫌いであるのは事実。

だって非常階段の踊り場で花火とかしてるんですよ。

ドア開けたらバケツがひっくりかえって

こっちが「スイマセン・・・」

とか謝って、後から考えたらなんでこっちが謝んなきゃなんないんだ・・・って。

そんなエピソードが山のようにありまして

嫌いなんです。ほんとに大嫌い。




話を戻しましょう。

5分待っても状況は変わらず、

渾身の目力で双眼鏡の中を睨みつけると、双眼鏡を落下させて

タッタッタっと

帰宅してくれたのでなんとか事なきをえまして・・・。









先日、麒麟さんと近場でシーバシングをしてきました。


lokopo
















いきなり釣れちゃった。


やったぜベイビー。

釣りながら

「たまに年中釣りのウンチク語ってる人いるよね〜」

という話題に花がさく。

そんな人たちがそうである要因を分析した。

仮説はこうだ。

きっと釣りしか誇れるものがない、

言い換えればそれ以外があまりに他者に劣っていて

必然的に「釣り」のみが押し出されている感じ。

「釣り」以外の要素が全てにおいて劣っているだろう相手に対しては

精一杯の虚勢をはって見せているのだろうという結論に至る。

他者がいなけりゃ成立しないとんだ傍迷惑な自慰行為。

羽根を広げる孔雀みたいなもんか?いや違う。

襟を広げながらトンズラするエリマキトカゲって感じか。

まあ釣りのスキルのみで相手との社会的ステータスの差

までひっくり返そうなんて到底無理な話。

でも人のいい人が「うんうん」って聞いてあげるから

「俺けっこう認知されてんじゃね?人間設定たっかくね?」

っと気分がよくなっちゃうわけなんだ。


あなたの周りにもそんな人がいたら

寛大な心で接してあげてください。

たてまえ上釣りで「負け」を認めてあげるだけで

人一人が幸せになるのですから。






boundary_2005 at 03:46|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2007年04月21日

ちょい遠征

19日の話。

夕方からスカパーにて釣り番組鑑賞。

鬼才は60cmのグレを釣っても巻き舌で文句を言っていた。

深夜0時過ぎ。近県の河川を目指し出発。



無事到着。様々なルアーを携帯し歩を進める。

黙々とキャストをしていると常連のN江さんという方に話をかけられ、

並んで釣ることに。



程なくし、ヒット。流れの力も手伝って、

なかなかに楽しませてくれる。

N江さんにタモを入れてもらい無事にとりこみ成功。


20070419シーバス01

















71,2の素晴らしい魚体の一尾だった。

ほどなくし麒麟さん登場。ポイントをN江さんに明け渡し、

我々は対岸へ。



少々離れてでキャストを始める。

ストラクチャー付近は浅いようで直ぐに根掛かり。

買ったばかりのブルスコのフックが両方のびてしまった。

ストラクチャーを若干外し流れにのせると・・・・・



20070419シーバス02

















またも72cm。
背びれの同じ部分がキレてるがもしや同じ魚か・・・・・。


程なくし暗闇から何者かが出現。

「うふふふふふ・・・・・・・」

御大の登場だ。


しかしその後反応を得る事はできず。

工場のおじさんに

「車どかしてくれ・・・・・・・。」

と言われ、すごすご引き上げる。





潮汐/中潮
ロッド/CPS86-EXti
リール/セルテート2500Rカスタム
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーグランドマックス5号
ルアー/レイジー95S、ショアラインシャイナーSL14F-G







boundary_2005 at 20:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年04月19日

近場

14日。深夜3時に近場へ。

バチを意識したルアーをちょろちょろ引くも、

突如爆風に見舞われ、立っておるのも困難な状況に。

あっという間に移動を余儀なくされる。



どこか遊べる場所はないものかと、

10分程車を走らせ、ついたポイントへ降り立ってみると、

風がまったくない。釣れるかどうかは不明。

でも選択の余地もなさそうなので。



しかしキモイ。この場所。

後ろが気になってしょうがない。。。。。。

ぴろぴろ引いてくると「コン」とあたる。


シーバス不明1

















あっさりあがったのは40冂。

ショートバイトが多く、なかなかのらない。

セイゴが中心か。ルアーを小さくすると。。。

シーバス20070413

















同寸ばかりなんぼか釣れる。


ウグイ20070413

















この人も登場。

夜明けと同時に雨が降り始め撤収。


潮汐/中潮
ロッド/SPS86-SSti
リール/セルテート2500Rカスタム
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーエース4号
ルアー/レイジー95S、ヤルキスティック(夢色気分)






boundary_2005 at 08:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年04月14日

バチ

12日の話。深夜3時。

近場のポイントへ車を走らせる。シーバス狙い。



現地到着。電灯に照らされた水面をみると、バチが発生しているようだ。
細身のルアーを4,5本ケースに入れポイントへ踏み入る。



様々なルアーを試すも反応が得られず、

最後に手にしたのはまだ使用したことないkoというシンキングルアー。



流れからやや外れたポイントへ投入すること3投目。

着水からリールを1回ししたとろで水柱があがった。

結構手ごたえはあるものの、

その原因はフックが口とエラ付近にかかっていたため。



20070412シーバス

















60兮らず。エラに損傷はなく元気にお帰りいただいた。
バチはいたのだが、はたしてそれを食ってたのかは私は知らない。
多分高級ルアーを使ったから釣れたのだろう。
2000円もするんだから釣れてくれんと困るってもんだ。


潮汐/長潮
ロッド/SPS86-ssti
リール/セルテート2500
ライン/ファイヤーライン16lb
リーダー/シーガーエース4号
ルアー/ko130S





boundary_2005 at 01:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2006年11月21日

休み

20日。休みなのでレジャーとしてフィッシングでも楽しもうと目論むも、
悪天候。





「仕事のデータだ・・・・・・・・・・」





とカミさんにしらばっくれるにはどう考えてもムリになってきた、
膨大な違法複製ディスクを整理しながら待機。
夜になりようやく、雨足が緩んだ。


早速支度して、スパイク靴のマジックテープを絞めようと、
荷物片手に半屈みの体勢になった瞬間、




ピキっ・・・・・・・・・・・って逝った。腰が。




あああああああああああああああああ!腰が曲がらん。。。。
真っ直ぐ立ってるだけなら問題ないが、それ以外不可。







そう言えば幼少期、
ワンダーランドでゴーカートに乗って、
おもいっきり柱に激突した時もこうなったのを思い出した。
痛いのに次のアトラクションに進み、
タコが足を上下させながらぐるぐる回るやつでトドメを刺された。


あれは仕方なににしろ今回は完全に運動不足が原因だ。


近々大山に篭り、高地トレーニングに勤しもうと固く誓う。と同時に
今回腰を痛めた事をブログに書いたら、
どうせ関西のあの人に、



「提督が腰を痛めた本との理由は〜・・・・・・」



とレスされる様が瞬時に脳裏をよぎる。







普通に考えたら釣行は中止だが、ここまで来て引っ込みがつかない。
ここまで来てと言っても家のドアを出ただけだが・・・・・・。







仕方ないので急遽ポイント変更。車で三分で着くポイントへ。




到着。誰もいない。
海の雰囲気はいい感じなので、なんとかならんもんかと始める。



開始早々、ヒット。

ギャーーーーーーー。引くナーーーーー!腰があああああ。


タモ、タモ・・・・・・・・・・・いけん・・・。
地面に置いたままだった・・・・・・。


この体勢で、中腰になるのは今の自分にはムリ。ゴボウ抜く。



20061120シーバス


















どうやら限界が来たようだ。帰る。




ロッド/ufmウエダ SPS-862SS-TI
リール/ダイワ セルテート2500
ライン/バークレイ ファイアーライン16lb
リーダー/シーガー グランドマックス5号
ルアー/DUO タイドミノースリム120 チャートバック横アワビ風






boundary_2005 at 00:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2006年11月15日

シーバス狙い

14日。シーバスを狙う。

高校生を拾い、一路島根県へ。

向かうは松江市を流れる大橋川。




道中、

「今日は何かが起こる・・・・・・・・・・・・。」

我々の経験則が何かを感じ取らせた。





絶え間なく喋り続けるコツを高校生に聞きながら、

第一ポイントへ到着。








この上ない雰囲気の中、実釣スタート。











黙々をキャストすること30分





高校生のロッドが真っ二つになった所で、

我々は帰路についた。



boundary_2005 at 03:10|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2006年04月30日

メーン

28日。


ノミコミの悪い従業員に、
「記憶力悪いのに、ジャニーズの名前は一発で憶えるな」
と言ったら、傷ついた。傷つけてゴメンコ。



よって夜は友達Jとシー狙い。

道中、空腹に耐え兼ね、カンドビーニアンス「P」で買い食い。

すると見たことある車が通過・・・・・
岡山の鬼神・・・・半島を打つのだろう。



目的のポイントへ。スタート。
犬達が騒ぐ。赤カブトを倒すつもりか・・・・・


腐った梨が流れてきて太ももにあたる。
何度も腐った梨が横切る。同じものかは不明。


水中を照らすと微生物かスイモンキーかわからんが無数に蠢いている。





アタリ・・・・・・・・・・・・・ない。




移動するも、アタリもない。地元に帰る。




移動中のBGMは
アリスで「遠くで汽笛を聞きながら」




気持ち悪いポイントに入り、一投目で。HIT。
やっと釣れた。

シーバス20060428

















あとが続かず・・・・・・・・・・
臭い物体が沢山釣れる。
手が臭いのか、己自信が臭いのかしばし考え、帰る。



ロッド/ufmウエダ CPS862EX-Ti
リール/ダイワ セルテート2500
ライン/バークレイ ファイアーライン16lb
リーダー/シーガー グランドマックス5号
ルアー/DUO タイドミノースリム120 チャートバック



明日はいよいよ天皇賞春。

もちろん相手探しのレース。



○アイポッパー   叩き良化型。久々を叩いて、旨みあり。
          京都得意。

▲マッキーマックス 三歳時目をつけていたが、体調面で調子に乗れず。
          しかしここにきて本格化。
          ダンスインザダーク産駒で、ダイアモンドSは3400
          をレコード勝ち。
△トウカイトリック 阪神大賞典はディープインパクトに食い下がる。
          内枠から最短距離を先行してほしい。



買い目は馬単

ディープインパクト→アイポッパー(5000円)
          マッキーマックス(2000円)
          トウカイトリック(3000円)

三連単

ディープインパクト→アイポッパー
          マッキーマックス
          トウカイトリック
          ローゼンクロイツ
         →アイポッパー
          マッキーマックス
          トウカイトリック
          ローゼンクロイツ  
          
         フォーメーション100円づつ(1200円)
            


     計11200円


結果

いやーしかし強いわ〜

トップガンの出した記録を1秒縮めてのVでした

しかし馬券はハズレ・・・・・・・


            今年の競馬収支 +43800




          






boundary_2005 at 00:23|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!

2006年04月28日

・・・・・  〜・・・・・

シーを狙いたいと思っていたら、麒麟氏から連絡があったので、
半ば強引に同行させることにした。

場所はM市の某川。下見経験はあるが、釣りをした事はない。

麒麟氏は深夜一時杉に出動可という事なので、一足先に現地に入る。



先ず下流に入る。まあよかろうポイントへ入り、暫くするも
反応ない。パトカーが背後を通過したので、ガン見する。


すると、買ったばかりの高級ルワーが根がかり。
「FUCK」と言ってみるが、外れない。

ロストしたので、その場でダウンする。





リーダーが短くなったので、車に戻って組みなおしていたら、
輩が2人来て、場所を奪取された。
「FUCK」と言ってみるが、帰らない。


仕方ないので、ちょっと上流の有名ポイント。

先週程バチが確認できない。
でもたまにボコとなるので、何かおるようだ。


しかし対岸に複数の輩が、事もあろうに、車を正面に持ってきて、
延々と水面を照らす嫌がらせを始める。
自分たちが帰った後なるべく釣らせたくないのだろう。




「神よ。早く麒麟氏を連れてきてくれ。そしてきゃつらの
脳天に120gをぶち込んでくれ」
と念じる。

しかし念も虚しく、きゃつらは20分程照らすと、帰ってしまった。

すると麒麟氏登場。しばし振る。




しかし反応なし。ポイントを知らないが為だの、
メバル上がりにこタックルは疲れるだの、
釣れない言い訳を探し続ける。



すると、そこへ、ウラバン氏登場。
一通り、ここら辺りでの釣りの説明を受け、次なるポイントを目指す。


ここは、ちょっとじめっとした空気が漂う場所。
イチバン霊が出そう。いや出る。
たまにボコとなる。「鯉だな」と囁く。反応はない。
暫くするがダメ。寒くなったので帰るとする。

忍耐力が低下している。






boundary_2005 at 06:35|PermalinkComments(14)TrackBack(6)clip!

2006年02月24日

シーバスルアー

シーバスシーズンではないが、ルアーをちょっとづつ追加している。

BOOT














stormの「ブーツ」である。

風変わりな形ではあるが、凄いルアーなのだ。
映像を見て下さい。(左端のlookの所)


SCフック














ショートバイト激減の「SCフック」である。


あとコレ。
NINJA














stormの「ニンジャ」
名前もいいが動きも凄い。
映像見て下さい(リンク先中程の動画配信中から)

今年はこれらの様に一風かわった形のルアーを使いたい。
その辺も楽しみ方の一つだろうから。





boundary_2005 at 00:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!