その他ルアー釣り

2008年04月29日

百鬼夜行

27日の話。そう。あれは22時を回った頃。

ふと思いたつ所がって

日曜日の深夜にクレイジーな釣行を繰り返す傾奇モノ集団に

連絡をとり同行を申し出る。



波音と草木のザワメキしか聞こえない闇を突き進む。

民間人には到底想像できない荒行に驚愕。

一体何がこの人たちを突き動かすのだろう・・・・・。



行進すること30分。

目の前に広がるは広大な一級ポイント。

当日は若干風が強く、波高もそこそこで立てるポイントは少なかった。



20080427
















全員あわせて321本。泣き尺サイズ2本。それ以下数匹。

5人での釣果にしては少々寂しいが。

満足度は高い釣行となった。



明け方ホンダワラが生い茂ったポイントを視察。

いよいよ奴等が襲来する。




(使用タックル)

ロッド/GRF-TR83deep
リール/ツインパワーMG2500
ライン/ファイヤーラインクリスタル4lb
リーダー/シーガーグランドマックス1,5号
メインルアー/ブルースコード





以下はちょっと前、ハートウォーミングな漁港で釣った獲物。



fumei1
















テナシイカ。



fumei2















ガシラ。





boundary_2005 at 04:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2008年02月16日

根魚登場。

14日。

目指すポイントは通称「スパンク」。


名前の由来はというと、別に昔やってた犬?のアニメ・・・

は一切関係なく、



以前その場所でアイドリング停車していた車の中から

「スパーン・・・・・スパーン・・・・・」

と乾いた音が響いていたから。ただそれだけ。




この日は「中小根魚用」と「大型根魚用」の

二つのタックルをセットしてみた。

先ずは大型用からキャストしてみるもそう易々と大型根魚など

ヒットする筈もなく・・・・。





中小用に持ちかえ何度かアタリを逃した後にようやく顔を見せてくれた

今年一発目の魚はこちらの方でした。



20080214カサゴ
















無事帰宅していただき、

ここを「勝機」と見てまたも大型用タックルに手を伸ばす。

簡単に釣ったような書き方だが既に二時間以上経過している。



沖合いにキャストし残り約10mのボトム付近で

「ゴスッ」と振動が伝わり

鬼アワセ・・・・・いや違う・・・・・アレはそう・・・・・

「電撃鬼アワセ」を決め

たぐり寄せたるはこちらの方。





20080214ジャガタ

















出た。「クロソイ」。35兌紂





20080214ジャガターズベイト

















口内にはカメシャコ系のベイトが。

比較的最近捕食したようでまだ完全に生きている。

両名には無事ご帰宅いただきました。


その後は何事もないもとの海に戻り

帰路についたのだった。



使用ルアー/パラマックス&イカジャコ



boundary_2005 at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月15日

行きました。俺

11日の話。

年末に車をぶつけられたことにより

車内の釣具を一斉に降ろすハメ(=更にぐちゃぐちゃになる)

になったこと+仕事+ホール通いが密接に絡みあって

数ヶ月も釣りに行ってなかったのですが

ようやく(メバルタックル以外の)整理も終わり

ちょっと出かけてみました。




しかしながら

小生の所謂フェイバリットポイントである「某岸壁の角」

にはワンボックスがアイドリング状態でベタ付けされており

ときどき窓が開いては丸めたティシューが放出される。

多分弁当を食べているのだろう。

こころなしか上下ににバンピングしてる所を見ると

よっぽど急いで食べてるのだろうか?



仕方なしに少し離れた地点から

「その辺り」にめがけてキャスト。

ルアーはジャンボパラマックス。狙いはジャガタ。

ジャガタはカイデーなルアーに反応が良く

以外と遊泳レンジは広い。

10投程で疲労が溜まり

帰路につく。



更に13日。今日はショックなことがあった





雪の降りしきる中、

先日のポイントを目指す。

プラントで半額になった手巻きとピザを購入し

現地に着くや否や食らう。

車内テレビでバリバリバリューを見ながら

ばくばく食べる。

サンガリアの一本50円の緑茶をグビグビ飲む。

そして一度も車外に出ることなく帰路についたのだった。


boundary_2005 at 05:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年07月22日

ANGYA

ただ今スカパーを見ている。
大阪で行われてた野外ライブを放送してる。
現在歌っておられるのは一青窈(ひととよう)さん。
ヤシの実で作ったお面みたいな顔しとります。

ときにこの人何か憑かれてない?
はっきり言って人間の動きじゃない・・・・。
一青窈(ひととよう)さん。もしこの記事読んでたら
悪いことは言わない。
御祓いに行きなさい。


本日朝5時。根魚男と組んで行脚。二人あわせて以下の通り。


200722コラボ


















ロッド/がまかつ ラグゼ コーストライン岩鬼S72H-F
リール/ダイワ セルテート3000
ライン/バークレイファイアーライン 18lb
リーダー/シーガーエース 5号
ルアー/SANAGI DON’T CRY



boundary_2005 at 17:42|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2007年07月21日

ちょこっと系

イカ釣りのをそのままに維持することができず、
暫く溜まった仕事を片付けていましたら、
一ヶ月程釣りをしてませんでした。



よって早朝にちょこっと系活動をスタートです。



最近1












初めてベイトタックルを使用してみました。

最近2













最近3












カタクチイワシ大量接岸につき、
グラスミノーでボトム付近を探るとマゴチが登場しました。


最近4







































最近5








































最近6






































「まうすりん」で。三回の追い食いでヒット。
丸呑みでした。


最近8






































某根魚男とのコラボレイティングによる
名物「根魚ストリンガー」。
潜らたらどうしよう・・・・・・。



帰宅途中。たこ焼き屋発見。
こんなとこで売れますか?


最近7













boundary_2005 at 04:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年03月05日

3日の釣行

3日。仕事もひと段落したので久々の釣行。

お手軽根魚を狙う。

ショートバイトがたまにあるも、

なかなかのせきれずにいたが、ようやくヒット。

ジャガタかと思いきや、




20070303かさご


















岸からは最大級と思われる尺アップのカサゴでした。


更に、


20070303マゴチ
















50に程近いマゴチを追加し、納竿。




ロッド/がまかつ ラグゼ コーストライン岩鬼S72H-F
リール/ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン/バークレイファイアーライン 16lb
リーダー/シーガーエース 4号
ルアー/エコギア パラマックス6in



なんか体がだるかったので帰宅後熱をはかると37,5度。

そして夜にかけ熱は更に上昇し、38度を越え、

夜中の2時に39,6度をマーク。

新聞で本日の救急を調べると労災病院。

電話すると、

「もう少しで朝だから朝まで待て・・・・・・・。」

まだ3時なんですけど。。。。。

「じゃあ朝になったら真っ先に見てくるか?」

と問うと

「それは無理。。。。。。」

救急と新聞に載せてるくせに、

本とに電話があると困るらしい。





今度は博愛に。

宿直のおっさんから外科の先生に繋がれ、

電話を切られる。

後は居留守を使われるパターン。

腹がたったので五分ぐらい鳴らし続けると

受話器を上げて切り始めた。

腹がたったので乗り込むことに。。。。。



やっぱり寝てやがる。

居留守を使った事を問い詰めるも凄いしらばっくれ方。

鼻骨を粉砕してやろうか?

ここは医者は普通だ。繋ぐ奴に問題があるのだろう。

あまりの腹立ちにひょっとしら40度をマークしたかもしれん。









boundary_2005 at 11:06|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2007年01月05日

余計なものなどないよね

二日。友人と万代書店へ。
車に飛び乗りとばせハイウェイ。



懐かしパチスロを打ち倒す。
台の上にもう一台積んであったりしてコワイ。
これが頭に落ちてきて来たら「脳挫傷」でゴーイングホスピタル。


リーチ目1


















リーチ目2

















これらの目を含む多くのリーチ目を官能し、
景品に、大量のお菓子を貰う。

友人は閉店前吉宗で俵連→自力一ゲーム連→即連をかまし、
DSのソフトをゲット。




普段から幸に縁のない男なのにこんなとこで、
運を使い果たしやがった。合掌。
このブログを見てる女性の方。
誰か彼に恋のタイトロープを・・・・・。



三日。夜。爆風の為メバルは断念。

癒し系ポイントへ入る。
若干ライトな(僕にとっては)テキサスリグを用意。
反応は薄いがようやくこの人が。



20070103カサゴ


















一人じゃなんなので、
麒麟氏を強引に誘い出す。
少し経ってから、ふなだまりすと。さん、としまるさんも登場。


このメンバーでは釣りよりしゃべりが中心になるは必至。


そんな中麒麟氏、カサゴ25cm級ゲット。
ふなだまりすと。さんムラソイ26cmゲット。


しかしこの後はアタリもなくなり、
座り込みトークを数時間敢行し撤収となった。



ロッド/DAIWA HEARTLAND-X662MRS-S
リール/DAIWA セルテート2500
ライン/バークレイ FIRE LINE 16LB
リーダー/シーガーエース4号
シンカー/ 1/2oz
ルアー/バグアンツ2 




boundary_2005 at 04:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2006年12月14日

12月の半ばの奇跡再び・・・・

14日。深夜三時。

海上が穏やかなのをいいことに、車を走らせる事30分。

お手軽ポイントでメバルを狙う。



あなたは何処に?アタリすらない、手紙も来ない。
いないのか?はたまたいるのに食わないのか?



まづめまでに見切りをつけ第二ポイントへ移動。

一通りのレンジを探るも反応は得られず。

残す所ボトム。

すると反応が。。。。上がったのはびっくりすほど小さいカサゴ。

ワンキャストワンヒット状態だが、なんとサイズの小さい事。。。。。。。。

10cmもないではないか。





そんなミニカサゴの猛攻を凌ぎ、

ようやく違う手ごたえを得る。ゴン・・・・・・・・・




・・・・・・・自慰ーーーーー。



「おうおう。かなりキツメのドラグちょっと出たよ〜」



ゴリゴリと巻き続ける。



「この重戦車の如き手ごたえは・・・・・・・・・。」



尺キタYOーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。





んん?なんでアンタがまだいるの?もう帰ったと思ったのに。





アカミズ20061214

















28cmミズでした。

その後もミニカサゴが猛威を古い、

本命は一匹のみ。しかも7cmぐらい。





朝も空けたが、「では」とばかりに半島裏へ攻め打つ。

ここに来てまたエギを投げるのだ。

秋にキロアップを上げるミッションを達成したいからである。




先ずは春に通った通称「ホワイトキャット」

2時間近くしゃくり倒すもノーボーナス。



次に向かうは通称「八墓村」

一投目。剣道しゃくりをいれると。。。。ドン。

20数センチのアオリゲット。



これに気をよくし投げ続けるも反応は。。。。。。。ない。

右斜めにぐるぐる巻くような潮が流れており、

そこにほうり込むも今日のエギではボトムが取れん。




程なくしてその「ぐるぐる潮」が目の前まで勢力を伸ばしてきやがった。

「やだな〜」と思いつつも、

ここは若干沈みがはやい「アオリーQ」を投入。

そういえば、ここは僕に初めてのアオリをもたらしてくれた場所。

しかもその時使用していたエギが正にこのエギ。

マーブルサクラダイである。その後もいい仕事をしてくれた。

まあこのカラーしか持ってないんだが・・・・・。




しかしこの潮が吉と出たかアタリが出だした。

コツンと来るもスカっ・・・・・・・。気をとりなおして、

最近開発した「神主しゃくり」で対応。

すると穂先がぬっぬっぬ〜〜〜。



どりゃあ〜〜〜〜スカっ・・・・・・・。

なんでじゃああああああ。アップしてみると、カンナに変なモノ数個。




「なんだこの輪っかは?真ん中がとげとげ。。これは、まさか」




吸盤の中身??直径5ミリぐらいある。

これって結構いい型だったんじゃ。。。。。。。。。

気を取り直し、再びキャスト。ボトムからやや跳ね上げると、

ラインが若干走った。。。。。。気がした。

あまり期待せずあわせてみると・・・・・・・・ドン。





自慰ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。




止まれーーーーーーーーーーーーーー。


20メートル程でようやく止まった。なんじゃあああああ。


そこから事理事理と寄って来る。


なんとか10メートルぐらいまで寄せるとブッフォ〜〜〜〜〜。


ギャフを打ち込み一安心。しかーーーーーーし。


なんじゃあああああ。手前の突き出した岩にしがみついてやがる。


ギャフをひっぱっても離れない。なんてパワーだ。


そんな時エギが外れたああああああああああああああああああ。




これにて繋がっているのはギャフのみ。

しかし剥がれない。かくなる上はそこまで降りて鷲掴みにするか・・・・。

しかしこんな奴に噛まれたら肉がエグリとられる事は免れられない。

いやしかしこれを逃がすぐらいなら肉を切らせて骨を絶つか。。。。。


などと腹をくくろうとしたその時・・・・・・・・。

背後に人の気配。

「ギャフ入れようか?」

神様のようなエギンガー降臨。ギャフを入れて下さった。

まじでありがとうございます。

ギャフ二本でようやく剥がれイカは打ち上げられた。



「でか〜〜〜」



とその方がおっしゃたので、あわてて駆け上がりまじまじと確認する。

そう言えば去年の12月の半ばもミラクルな魚をゲットした。

まさか今年もこのようなミラクルに恵まれるとは。



「秋アオリでキロアップ」のミッションクリア。



「秋じゃない」というツッコミはカンベンしてください。



アオリイカ20061214

















        アオリイカ2,2kg



(アカミズ)

ロッド/ダイワ STX-RF-73SVF
リール/ダイワ カルディアKIX2004
ライン/ユニチカ エギングPE 0.5号
リーダー/シーガーグランドマックス 1.7号
ルアー/FINA じゃこまろ2 クリア
    +COBRA29 1.4g





(アオリイカ)

ロッド/ダイワ STX-EG83MH-HD
リール/ダイワ イグジスト2506
ライン/バリバス アバニエギング0,8号
リーダー/シーガーフォース2号
エギ/ヤマシタ エギ王Qオレ赤
   洋釣   プレミアムアオリーQマーブルサクラダイ






メバROCKフェスティバルvol1〜百鬼夜行〜 〆きりまがあと数時間と迫りました。
 エントリーなしの途中参加は不可です。
 奮ってエントリー下さいませ。




boundary_2005 at 19:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2006年11月06日

続き

前の日記の続き。

で、高校生に魚がヒット。

寄せる間に、


「ヒラメ」だ!いや「サゴシだ」「青モノだ」・・・・etc


とよくもまあこの短時間でそんだけ魚種が思いつくわ・・・・って
ぐらい、叫んで、結局上がったのはシーバス。



67cm。出し切ったような顔でニヤついていやがる。



この一本で俄然二人はヒートアップするものの後は続かず。
日も完全に上がって、後から来た釣り人も皆、失脚。
諦めムードが漂った、その時。



海上で小魚が追われ始めた。
興奮する、二人。ここで僕もエギを諦め、メタジを用意。
三人で、ひたすらしごきを入れる。
しかし・・・・・・・。何故か反応は得られず。
やむなく失脚→ダチング。




高校生がダチの中でもテンションが高く他の客の迷惑になるので、
地獄突きを入れて、しばし黙らせる。
夢港公園のウッドデッキでピクニック感覚で食事をする。
塩川征十郎似のおっさんが一心不乱にサゴシを狙う姿が目に入る。


此処を跡ににし、米子の某河川河口で適度に振り、
ここで2人と別れた。



鬼神いもっちさんの僕の知ってる限りの移動過程を紹介する。





木曜朝7時にメールがあったので、

おそらくその時間には起きておられ、
そこから仕事に向かわれたと思われる。
晩に帰宅後、岡山から松江入りしここで日付が変わる。
宍道湖周辺まで三箇所をラガン。
そのまま島根半島の東部の地磯に移動でまずめを迎え、
昼ごろに米子の河川に移動。
昼過ぎにグロッキーの高校生を送る為、境港にとんぼ帰り。

その足で鳥取で奥さんと待ち合わせ。大移動。
鮮度維持の為魚を引き渡す。
そのまま赤碕周辺を攻め。
晩に再び松江入り。ようやく二時間の仮眠をとるも夜通し振る。日付が変わる。
朝、赤碕周辺に移動し、更に晩にかけて天神川に移動。
土曜の晩に帰宅される。




boundary_2005 at 13:42|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2006年11月03日

・・・・・・。。。。。。。。

3日。深夜3時に目覚める。




岡山のいもっちさんが前日夜から人形峠を通過し
遠征に来ておられるという事で伺う。

岡山〜島根間を遠征というのは普通の釣り人の表現で、
彼の場合通常釣行となります。



人形峠は頭巾を被って、子供を背負った女の霊が
昼夜を問わず出現する事で有名。



僕は思う。
もし、この霊がいもっちさんの眼前に現れても、
釣りモードに切り変わったいもっちさんの目には映らないだろう。




松江市内中心に位置する某ポイントへ到着すると、
いもっち氏、くじら氏、コジコジ少年がいる。




境方面から移動すること三箇所目との事。
伺うと状況はいまひとつとの事。



まずめに向けていいポイントに移動したいということで、
島根半島東部の地磯をリコメンド。
くじら氏とはここで別れ、移動。







到着。暗い中タックルの準備。
二人はナブラ直撃スタイル。僕はエギング。
夜も明けてき、三人であげこげ言いながら、
ぶひゃぶひゃしゃくる。


ナブラは発生しない。イカも釣れない。


そんな中均衡を破ったのはいもっちさん。
ヒットしたのはカマス。


そして、金フグ、エソとヒット。
いもっちさんは料理の腕がいいことで有名。
魚料理も勿論得意とされておる。
そんないもっちさんがエソをリリース。冗談半分で、




「かまぼこは作らないんですか?」と問うと、これに対し、




「もっとデカのならやるんだけどね〜」




かまぼこも作れるのか・・・・・・・。。。









僕もようやく普通のイカをゲットし、いもっちさんに進呈。
すると程なくして、
少年の竿が曲がった。





わ〜わ〜と。叫ぶ少年。少年叫ぶ。
自慰〜〜〜〜〜〜〜〜と糸が放出される。



眠くなってきたのでまた書きます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


4日の競馬は嗜む程度。

福島11R。

◎トーセンレーサー
○ソリッドスライダー


◎単勝1500円  ◎○馬単マルチ700×2=1400円

             投資2900円




★結果はハズレ。これにて今年の競馬収支は


             +9300円


boundary_2005 at 19:46|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!